仮想通貨全般/経済

インドATMに「子ども銀行券」 新紙幣早くも偽造、管理ずさんと批判

インドのデリー(Delhi)首都圏で、現金自動預払機(ATM)から「インド子ども銀行」発行の模造2000ルピー(約3400円)紙幣が出てくる珍事があり、警察が捜査を開始した。警察当局が22日、AFPに明らかにした。

20170223_01
インドの首都ニューデリーにあるATMの前に座る男性(2016年12月19日撮影、資料写真)。(c)AFP/MONEY SHARMA/XGYT

問題のATMは国営インドステイト銀行(State Bank of India)のもので、2月6日、利用者から偽札が出てきたとの通報があった。紙幣にはインド中央銀行のロゴの代わりに「インド子ども銀行」と記され、裏面には「インド娯楽銀行」と書かれていたという。こうした模造紙幣はインド各地で売られており、子どもたちに人気となっている。模造紙幣は、最近導入された新2000ルピー札に似せて作られていた。

同国では昨年11月、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)政権が突如として500・1000ルピー札の廃止と新紙幣の導入を発表し、紙幣不足による混乱につながっていた。
 


 

出典:http://www.afpbb.com/articles/-/3118873?cx_part=topstory
ATMから「子ども銀行」の紙幣 インド警察が捜査
Photo:The Indian EXPRESS

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    欧州中央銀行、仮想通貨の勢い止めたい

    欧州中央銀行(ECB)は18日、ビットコインなど仮想通貨(暗号通貨)に…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用

    PBOC(中国人民銀行)による、中国大手2社の取引所での引き出し停止処…

  3. アルトコイン

    コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

    コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2…

  4. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック再始動に向けて人材募集開始

    今年1月にNEM大量流出事件により多額の仮想通貨が盗まれた事件から約半…

  5. 仮想通貨全般/経済

    革新的な仮想通貨決済に向けてICEがマイクロソフトやスターバックスと共にBakktを起業

    ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    国家独自のICO、エストニアが検討。世界初となるか

    エストニア共和国が国家による世界初のICOを検討していることがわかりま…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン1700ドル突破 年初来80%高
  2. アルトコイン

    投資家を甘く誘惑する3つの仮想通貨について見てみよう
  3. ビットコイン(BTC)

    今さら聞けない、「ビットコイン」について知っておきたいこと
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ
  5. アルトコイン

    イーサリアムクラシック、コインベース上場発表で25%急騰
PAGE TOP