アルトコイン

イーサリアムクラシックがスランプから脱却か

イーサリアムクラシックが強い動きを見せています。

昨日11月7日には出来高を伴った上昇で、9月9日以来、約2ヶ月ぶりに一時15ドルを超えて、16.9%上昇しました。1週間でETCは38.88%増、月ベースでは21.68%増となりました。

本日現在も上昇は続いておりますが、ピーク時に比べるとやや下がっており14.14ドル付近を推移しています。

20171107-2

上昇の要因は?

大幅な取引ボリュームの上昇は、韓国の取引所で、対韓国ウォン(ETC/KRW)での取引が、強い上昇の燃料の一部となったと見られています。CoinMarketCapによれば、韓国最大の仮想通貨取引所の1つである「Bithumb」の取引量は、過去24時間で53.52%増加しています。

イーサリアムクラシックは韓国では特に人気の仮想通貨ですから、一旦動意づくことがあれば、一気に上昇勢力になる事もうなづけます。日本ではXRPやNEMの人気が高いので、何かニュースなどが出ると値上がりする可能性が高いのと同じですね。

他にも投資家コミュニティでは、この上昇は「OKEX」のETCとETHの先物上場と、香港を拠点とした「OKCoin」による取引プラットフォームのローンチが関係していると、話題になっています。

(OKEXのP2P取引プラットフォームについてはこちら)

また、ETCはまもなく香港での大規模カンファレンスを控えており、このようなミートアップの前には価格に反応が出やすいのも、過去の経験からすると確かです。

ETCチャート分析

最近の上昇の理由が何であれ、売買はテクニカルチャートでは厚くなってきているように見えます。 価格動向分析では、ETCが17.88ドルに上昇する可能性があることを示しています。

20171107-3

上記の日足チャートから分かるのは、強い足で抵抗線を抜いてブレイクアウトしています。しかし、RSI指数では、買われすぎのサインが出ているので注意が必要です。

強気のブレイクは17.88ドルへ向かう可能性を示唆しています。RSIでは過熱感があるために、短期的には13.50ドル~15ドルの間で調整が行われるでしょう。しかしながら、昨日の底値である12.91ドルを割った場合には下落トレンドへの転換と見て注意が必要です。

出典:https://www.coindesk.com/ethereum-classic-snaps-slump-as-price-hits-eight-week-high/
Ethereum Classic Snaps Slump as Price Hits Eight-Week High

 
 
初心者にも見やすいアプリ画面と、盗難補償あり。
コインチェックでの仮想通貨取引がおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    ゴールドマンサックスビットコイン取引事業へ参入を検討

    巨大金融グループのゴールドマンサックスは専用のビットコイン取引業務に参…

  2. アルトコイン

    リップル第3四半期の売上げが2倍の183億円以上に

    リップル社はXRPの売却による売上高が、第2四半期に比べて倍になったこ…

  3. アルトコイン

    XEM、COMSAのICOトークンにフィスコなどVC3社が直接投資を発表

    テックビューロ社が、日本発のICOプラットフォームCOMSAを発表した…

  4. アルトコイン

    コインチェック再開の目処を発表、ネムは88円で返還

    8日16時より、コインチェックが緊急記者会見を行ないました。記者会見は…

  5. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を示唆

    昨日11月12日は日曜日でしたが、ゆっくりと過ごせずにモニターにかじり…

  6. アルトコイン

    CMEグループ、イーサリアム先物取引所と提携しプライス・インデックスを提供開始

    シカゴ・マーカンタイル取引所(CMEグループ)は、12日に「イーサリア…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    2016年ビットコインを振り返る
  2. アルトコイン

    イーサリアム「Ethereum」グーグルで1億1千万回のワード検索
  3. 仮想通貨市況

    BTC, ETH, XRP, LTC, ETC:7月26日の相場
  4. アルトコイン

    「売りだ」ライトコイン高騰後のマイケル・ノヴォグラッツ氏の発言
  5. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?
PAGE TOP