ブロックチェーン

オーストラリア大手電力会社、ブロックチェーン電力売買の実証に着手

オーストラリアの大手電力会社、ヴィーン・エナジーとカナダのブロックチェーン企業、BTLグループ、EY(アーンスト・アンド・ヤング)オーストリア支部が提携し、ブロックチェーン技術を利用した電力売買の概念実証を行う。

商業的なコスト削減が可能であると実証された場合、将来的な本採用も視野にいれている。エネルギー産業でも急速にブロックチェーン技術への関心度が高まっており、より先進的で効率的なソリューションの開発が期待できそうだ。
 

ドイツ大手電力会社も同様の概念実証に着手

BTLは2月14日、ウェブサイト上で共同実験を発表。自社のテクノロジーがどのような形で電力売買のコスト削減に役立つかを見極めることが目標だとしている。

BTLは2015年の設立以来、様々なブロックチェーン・ソリューションを企業に提供している。自他共に認めるブロックチェーン・エコシステムのパイオニア的存在だ。

一方ヴィーン・エナジーは国内に200万人を超える顧客を抱えるオーストラリア最大手電力会社として、顧客に恩恵をもたらす技術の採用に積極的に取り組む構えだ。しかし実際の採用には特定の時期を設けず、慎重に検討を進める意向を示している。

また今回の概念実証をとおし、新たなビジネスモデル創出の可能性にも期待がよせられている。

このプロジェクトにはEYのオーストリア支部も参加。「ブロックチェーンが既存のエネルギー産業にあたえる影響は無限である」とし、市場の常識をくつがえす革命的ソリューションの開発を支援していく。実験は3月から5月に渡り行われる予定だ。

昨年はドイツ大手電力会社、RWEがブロックチェーン・スタートアップ、Slock.itと提携し、イーサリアムのプラットフォームを利用した概念実証に着手するなど、エネルギー産業におけるブロックチェーンの潜在性が徐々に明らかになり始めている。

出典:https://fintechonline.jp/archives/101620
豪電力大手、ヴィーン・エナジー、ブロックチェーン電力売買の概念実証に着手

関連記事

  1. ブロックチェーン

    独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想

    ブロックチェーンを活用して沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」をつ…

  2. ブロックチェーン

    ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019が横浜で開催

    一般財団法人グローバルブロックチェーン協議会主催のアジア最大級の仮想通…

  3. ブロックチェーン

    楽天・三木谷社長、独自通貨の「楽天コイン」構想を発表

    日本の大手e-コマース「楽天」は、楽天ポイントプログラムを、企業が独自…

  4. アルトコイン

    モスクワ政府は透明性を示すため、農産物マーケットでイーサリアムを使用

    モスクワ政府は、今週末開催される大規模な"ファーマーズマーケット(農産…

  5. ブロックチェーン

    タイ証券取引所、ブロックチェーン型クラウドファンディングプラットフォームの運用開始

    タイ証券取引所(SET)は、国内の新興企業向けのブロックチェーン型のク…

  6. ブロックチェーン

    リップルがイーサリアムの時価総額を超えて2位に。しかしいつまで?

    リップルの勢い再び。XRPは24時間で24.2%増、イーサリアムを上回…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、上昇前の最後のふるい落としになるか
  2. ビットコイン(BTC)

    中国債券バブルの崩壊と人民元の成長鈍化―差し迫るビットコイン価格の高騰
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン8000ドルエリアが見えてきた
  4. 仮想通貨全般/経済

    韓国のKakao、12000商店と数百万人のユーザーを抱えて仮想通貨の導入を計画…
  5. ビットコイン(BTC)

    ロンドンの有名貴金属店がビットコイン払いの受け入れ
PAGE TOP