フィンテック

グーグル、VRで「バーチャル遠足」を提供 仮想現実を教育現場に

グーグルは6月27日、新たな教育関連ツールを発表した。「グーグル・エクペディション(Google Expeditions)と呼ばれるこのキットはVR技術を用い、子供たちに“バーチャルな遠足”を提供するもの。

グーグルは昨年からエクペディションの先行公開を実施し、既に世界で100万人以上の生徒がバーチャル遠足を体験した。利用にあたり必要なのはスマホ(現在はアンドロイドのみ)のみ。ダンボール製VRヘッドセットの「カードボード(Cardboard)」や、仮想旅行アプリ「Expeditions」を用い没入型の3D体験ができる。

遠足の目的地は世界200か所以上で、今後増える予定だ。ベストバイはこのキットとタブレットをセットにした商品を販売している。教科書出版社のホートン・ミフリン・ハーコート(Houghton Mifflin Harcourt)も、エクスペディション向けのアプリを開発している。

Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

http://forbesjapan.com/articles/detail/12701

関連記事

  1. フィンテック

    韓国のサムスングループもフィンテック事業に乗り出した!?

    ブロックチェーンは、インターネット以来の大革命。韓国のサムスングループ…

  2. フィンテック

    みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立

    株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行、株式会社 メ…

  3. フィンテック

    iPhoneでApple Payの提供開始

    Appleが提供する電子決済サービスApple Payの提供が日本でも…

  4. フィンテック

    みずほ銀行×ソフトバンク「フィンテック貸金業」

    みずほ銀行とソフトバンクは9月15日、貸金業サービスの提供を目的とする…

  5. フィンテック

    プラットフォームで国際送金ーーウェルズファーゴ、ANZ銀行

    ウェルズファーゴとオーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行が、共…

  6. フィンテック

    増加をたどるクラウドファンディング

    個人の生活にも広がるフィンテック。ネットで個人から小口資金を募…

過去記事

新着記事

  1. フィンテック

    中国アプリ「WeChat」はユーザー情報を中国当局へ送信している
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物取引、第3四半期で41%上昇
  3. ビットコイン(BTC)

    韓国、規制内容明らかに。仮想通貨の実名取引を1月30日から開始
  4. 仮想通貨全般/経済

    暴落前の「異常」な市場の動きをAIが感知。80億円の謎のショートポジション?
  5. アルトコイン

    モスクワ政府は透明性を示すため、農産物マーケットでイーサリアムを使用
PAGE TOP