アルトコイン

ゴールドマンサックスビットコイン取引事業へ参入を検討

巨大金融グループのゴールドマンサックスは専用のビットコイン取引業務に参入することを検討していると海外メディアが伝えています。

ウォールストリートジャーナル紙によると、このような問題について詳しい筋からの情報だと、ゴールドマンサックスは仮想通貨市場に参入することを検討しているまだ最初の段階だそうで、もし実現すればウォールストリートがビットコインや他の通貨アセットに作用する最初の大きな動きとなるだろうと言います。

このニュースの報告書には、ゴールドマンサックスが完全にこの計画をコミットしたわけではないとしているので、この計画が実現せずに廃止される可能性もあるということです。しかし、同社の広報担当者は、顧客らが仮想通貨に関心を示しており、その需要を満たす方法を積極的に探しているとジャーナルに語ったのです。

顧客のデジタル通貨への関心へ応えるために、私たちは私たちの出来るベストな方法を模索中です。

と女性スタッフはいいます。

また、それ以外の理由として仮想通貨市場に存在するボラティリティから恩恵をうけることが出来ると考えているようです。昔からある金融市場は近年、市場が安定してきていることでボラティリティの低下により、ゴールドマンサックスのような投資銀行は売買業務からの収益が低迷しています。仮想通貨市場における劇的な価格変動は多くの投資家を脅かすけれども、プロのトレーダーはこのボラティリティを大きな利益を得る良い機会と見ているようです。

流動性の問題で一度は投資機関トレーダーにとって仮想通貨は高い障壁となった2017年、取引量は大きく飛躍しました。ビットコインの日々の取引量はアメリカの大手製造会社キャタピラーの時価総額とほぼ同じであり、近い将来には最も流動性の高いといわれている、アップルの株の時価総額に、仮想通貨市場全体の時価総額が上回ると言われています。

JPモルガンのダイモン氏のビットコインに対する見立てはもう危うい?

ゴールドマンサックスのビットコインに対するオープンスタンスは、最近ビットコインを「詐欺」と呼び、従業員が「愚か」でそれに従事するものはクビだと脅したJ.P.モルガンCEOジェイミー・ダイモン氏とは対照的です。

ダイモン氏はビットコインは「価値がない」と述べていますが、ゴールドマンサックスはポートフォリオマネージャに、仮想通貨のエコシステムは「無視するのが難しくなってきている」とアドバイスしました。

実際、ダイモン氏のビットコインに対する疑いの姿勢は依然として主流の金融業者のあいだでは一般的な見方であるかもしれませんが、彼はますます外れ値になる危険性が増しています。

このウォールストリートジャーナルはAutonomous NEXTの統計を例に挙げており、現在70種以上のヘッジファンドが仮想通貨に投資しており、億万長者のマイケル・ノボクラッツ氏は5億ドルのブロックチェーンファンドを計画しているとしています。

マイケル・ノボクラッツ氏は資産の10%を仮想通貨に預けているといわれています。

さらに、旧ゴールドマンのトレーダーによって設立されたLedgerXは、おそらく年末までに機関投資家にデリバティブ(金融派生商品。先物取引などを指す)を提供する予定です。 オンライン小売業のOverstockは最近、子会社であるtZEROが、SECに準拠したICO取引を開始して、機関投資家にこの20億ドル市場へのアクセスを拡大する合弁会社を設立したことを発表しました。

ゴールドマンサックスが今年初めにポートフォリオ管理者に語ったように、仮想通貨業界では「本当のドルが稼働している。」これを認めることを拒否する人たちは、間もなく取り残されていくかもしれません。
 
 

出典:https://www.cryptocoinsnews.com/goldman-sachs-considering-bitcoin-trading-operation-wsj/
Goldman Sachs Considering Bitcoin Trading Operation: WSJ

 
 

ここから登録すれば今なら最大5,000円のビットコインがもらえる期間限定キャンペーン中!
初心者の方ならゼッタイお薦めはコインチェック。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。

    最近、ビットコインネットワークの様々な「フォーク」について、特に仮想通…

  2. アルトコイン

    リップル(XRP)が高騰 そして公式が謎のツイート

    リップル(XRP)が24時間で50%以上高騰しており、取引ボリュームが…

  3. アルトコイン

    ブライアン・ケリー氏「ETF延期を理由にビットコインを売却するのは間違い」

    CNBCの番組ファスト・マネーのコメンテーターであり、BKCMのCEO…

  4. アルトコイン

    コインチェックから流出したNEMがZAIFへ送られていた?

    1月26日コインチェックから不正アクセスにより盗まれた5億2300万枚…

  5. アルトコイン

    仮想通貨分析家トム・リー氏、やられていたイーサリアムが息を吹き返すと予測

    イーサリアムにとって2018年は厳しい年となった。しかしビットコイン強…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    コインベースのカストディサービス、機関投資家に向けてスタート
  2. ビットコイン(BTC)

    下落トレンドの底値は近いのか?
  3. ビットコイン(BTC)

    400万近いビットコインが失われている事実
  4. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨ビットコイン、900ドル突破
  5. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?
PAGE TOP