ビットコイン(BTC)

ステラ無料配布の混乱!結局もらえるの?もらえないの?

先日、BTC(またはXRP)保持者で条件を満たした者には、ステラからXLM(Stellar Lumens)が無料で貰えるかもしれない話を記事にしました。


 

しかし!!!昨晩、Poloniexの公式ツイッターアカウントで、このようなつぶやきが…
 

なぜステラが、私たち(Poloniex)の名前を参加者として、彼らのサイトに載せたのか分かりません。これは私たちの承諾なしに行われたことなので、参加することにも同意していないし、私たちはユーザーに配るステラは保有していません。

なんですって???これが本当ならPoloniexにBTCを保有していた人には悲報となります。

ステラのサイトに参加取引所として、Poloniexの名前が間違いなく書かれていたのに、Poloniex側は知らないといっています。
(それならなぜ、もっと早く表明しなかったのか?)

配布条件の6/26日(この時点で保有していることが必要だった)を過ぎてからツイッターに突如、「ステラ配布なんて知らない。」と言い出したポロニエックス…。(なんだかきな臭いですね)

無料配布の件はツイッターやブログなど、インターネットで話題に上がり盛り上がっていたことなので、多少なりともPoloniex関係者は、自分たちが参加者リストに載っていることは知らなかったとは言い訳が付きにくいのでは?と私なんかは思ってしまう訳です。
 
実際はどうなのよー!?と思っていたところ、これに応えるかのようにステラ側からこのようなツイートが。

返信:ポロニエックスの混乱。私たちはポロニエックスが参加者であるという認識がありました。現在彼らに確認中です。(彼らが望むなら)まだ参加は出来るんですけどね。

 
なんと。まだPoloniexが望むなら、参加は出来るようです。

Poloniexには、この無料配布を受けるためにBTCを移していたユーザーは少なくないはずです。実際に、私の知人らも全て移していました。

そんな人たちの心中は気が気ではないでしょう。そのような人たちがステラのツイートへ返信しています。

質問者:ポロニエックス側にコンタクトを取った方がいいんじゃないですか?彼らは賛成していませんよ?

Stellar:ええ。なぜこのような行き違いになってしまったのか現在確認中です。彼ら(ポロニエックス)が望むなら、参加する猶予はあるんですけどね。

このように、現在はステラはPoloniexに状況の把握、なぜこうなってしまったかの原因を確認中のようです。ステラとしては、Poloniexが首を縦に振るのであれば、配布できるようにはしているようなので、あとはPoloniexが、配布作業の骨をおってくれるかどうか。となりそうです。

ユーザーからの抗議が多いと動き出す可能性もあるので、PoloniexにBTCを置いていた人は、ダメもとで問い合わせ、お願いをしてみるのもいいかもしれません。

現在(執筆時6/28,日本時間16時)は、Stellarの公式サイトに掲載されている、参加者リストのPoloniexの名前の横には、”Cofirming”(確認中)と表示されています。

20170628-01
 
本ブログで新しいことが分かり次第お知らせしたいと思います。

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    米国投資家”ソフトな”ETFの代替商品「ETN」へ投資可能に

    15日、米国人投資家をターゲットに、ビットコインベースの上場投資証券(…

  2. 仮想通貨全般/経済

    グーグル、仮想通貨関連広告を日本とアメリカで一部再開へ

    米Google(グーグル)は、一部の仮想通貨ビジネスに対し、広告の掲載…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、フランスのタバコ店で販売開始

    フランスの首都パリで少なくとも24のたばこ店がビットコインクーポンの販…

  4. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の驚くべき設備

    中国の北に位置する内モンゴル自治区のオルドス郊外にある、SanShan…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン:9月4日の相場

    先週の土曜日の朝、ビットコインの価格は5,000ドルに達し、仮想通貨界…

  6. ビットコイン(BTC)

    今やビットコインの時価総額はゴールドマンやモルガンを上回っている

    気が付けばビットコインの時価総額は、今や、ゴールドマン・サックスやモル…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始
  2. 仮想通貨全般/経済

    グーグル、仮想通貨関連広告を日本とアメリカで一部再開へ
  3. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ
  4. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック遂に金融庁で正式登録、NEM不正流出事件から1年
  5. ビットコイン(BTC)

    早稲田大学の教授が語るビットコイン
PAGE TOP