仮想通貨全般/経済

ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発の次世代の仮想通貨としてセールスされている”ノアコイン”がある。

ノアコインには販売代理店、セールスサイトが数多く存在。中にはノアコインを大々的にセールスしている本人が登場し、見るだけで儲かるというような話しを収録した動画も掲載されている。

20170329-01

ノアコインセールスサイト

しかし、3月14日にフィリピン大使館から、このノアコインについて注意喚起がなされた。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン大使館の注意喚起全文はこちら

つまりは、国家プロジェクトではなかったことになる。フィリピン側は一切関係が無いことを、このように大使館がわざわざ声明文をウェブサイトに掲載することは、異例のことだ。

どの暗号通貨も、必ず儲かると言う保証はない。それは暗号通貨だけでなく、どのような投資も同じである。リターンにはリスクが付き物なのである。

しかし、詐欺には十分注意が必要である。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    モスクワ証券取引所が仮想通貨の取引を計画中

    モスクワ証券取引所は仮想通貨の取引をまもなく開始する見通しだということ…

  2. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で

    10月12日の北京で、国際電気通信連合(ITU)と中国社会科学アカデミ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック新規口座開設再開、松本CEO「早期に黒字化するだろう」

    30日、東京に本社を置くコインチェック株式会社は、新規口座開設に加え、…

  4. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインは世界の単一通貨となる」

    ツイッターと決済サービス会社を運営する会社、スクエアのCEOである、ジ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックス、ビットコイン取引商品の案内を静かに始める

    米大手投資銀行のゴールドマン・サックスは、限られた顧客に対してまだ発売…

  6. 仮想通貨全般/経済

    Coinbaseが株式上場の準備を進めているとCNBCが報道

    CNBCの番組CryptoTrader(クリプトレーダー)のMC、Ry…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    インド – 通貨危機の中、ビットコインを900ドルで買う人も
  2. ブロックチェーン

    三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  3. 仮想通貨全般/経済

    まさか日本で預金封鎖?先人に学ぶ資産逃避
  4. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:5月23日の相場
  5. ビットコイン(BTC)

    Bitmain、今や51%に近いビットコインハッシュレートを支配
PAGE TOP