ビットコイン(BTC)

ビットコインが一夜で12%下落するも早期回復

5月12日金曜日、ビットコインの価格は24時間で約1,815ドルから1,600ドルに下がり、一晩で12%近く下落した。しかし価格は比較的早く回復し、現在は1,780ドル付近を推移している。

この日までビットコインの価格は7日間連続で上昇し、勢いを増しながら、ほぼ毎日高値更新をした。 5月5日から5月12日までの間、ビットコインの価格は1,500ドルから1,850ドルに上昇、週ベースで考えると350ドル上昇のペースだった。

しかし、5月12日の夕方、ビットコインの価格は急落し、12%下落した。

一部の市場では、ビットコインの価格が1,500ドルまで急落したために、短期的に価格上昇した理由の究明と、トレンドの継続がこのまま続くのかどうか投資家の懸念が生じた。

反発

今のところ、ビットコインは反発を示し、既に急速に回復し始めており、数時間で1,700ドル台へ再突入した。
20170515-01

現在、ビットコインの価格は大きな勢いを見せており、主要な取引所では1,780ドルで堅調に推移しています。 過去数週間を通してそうだったように、グローバルマーケットシェア49%を誇る日本のビットコイン取引市場が価格上昇の流れを牽引し、約207,000円で取引されている。

新たな勢い

ビットコイン価格は、5月1日から5月12日にかけての12日間の方が、1月から4月までの4ヶ月間全体の値動きより大きくその価格を上昇させている。そのため、最近の急な予期していなかった急速な価格高騰を考慮して、投資家やトレーダーたちは調整局面入りを望んでいる。

ビットコインの価格は、調整局面入りの後、再び勢い付く可能性が高い。世界のビットコイン市場を牽引する日本のビットコイン取引所ビットフライヤーが、手数料に関する意向を明示したと記事で取り上げた。

同時期、世界最大のビットコイン取引所、biFlyerの加納裕三CEOは次のように述べている―

ビットコイン取引における取引手数料と、ビットコインFXにおけるスワップポイントを頂戴します。
つまり、1月より前の中国とは状況が異なります。ビットコインだけではなく、その他全ての暗号通貨市場へ資金が流入していくことを期待しています

ビットコイン価格がさらに高騰し、新たな安定期に入り、日本のビットコイン取引市場を含む主要市場で爆発的な成長が見込めれば、ビットコイン価格は新たな価格上昇を生む可能性が高いだろう。

 
 

出典:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-price-drops-12-percent-overnight-quickly-recovers-why-it-happened
Bitcoin Price Drops 12 Percent Overnight, Quickly Recovers: Why It Happened

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    アップルのiMessageで国際送金が可能に

    P2Pを利用した決済アプリ「Circle Pay」が、iOS 10から…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが一時20%急落

    昨日本ブログより、直近の価格が過熱気味であるので、注意喚起を促す記事を…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、金の価値を超える

    人類史上初めて、一通貨が地球上で最も古い価値を持つお金、「ゴールド」の…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが第2四半期に反発すると考えられる3つの理由

    今年、ビットコインにとってあまり良くないスタートを切りましたが、そろそ…

  5. ビットコイン(BTC)

    2016年ビットコインを振り返る

    今年ビットコインは、去年2015年と比べると価格が大きく上昇した年とな…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン利用可能店舗が1年で4.6倍に

    国内でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を利用できる店舗は、こ…

過去記事

新着記事

  1. フィンテック

    韓国のサムスングループもフィンテック事業に乗り出した!?
  2. ビットコイン(BTC)

    「Segwit2x」11月のハードフォーク中止
  3. アルトコイン

    イーサリアムクラシックが高騰
  4. ビットコイン(BTC)

    Mt.Goxの仮想通貨売却でビットコインが再び2018年安値に
  5. ブロックチェーン

    PC、ネットに続く第3のIT革命「ブロックチェーン」とは何か
PAGE TOP