ビットコイン(BTC)

ビットコインが一時20%急落

昨日本ブログより、直近の価格が過熱気味であるので、注意喚起を促す記事を投稿したあと、ビットコインが大幅に下落しました。

5日の午後6時頃から、売り注文が殺到しBitstamp Price Index(BPI)で885.41ドル(約106,700円)の低水準を記録しました。数時間で約20%の暴落となりました。

この記事作成時の現在、ビットコインは120,000円前後まで回復し、落ち着きを取り戻しています。

20170106_01

今回ビットコインの価格が上昇した背景にはインドやベネズエラでの高額紙幣回収や中国の資本規制があるのではないかと考えられている事はお伝えしてまいりました。

これからの価格についてはビットコイン金融商品の登場や新興国での通貨不安、アメリカの政治や中国の資本規制でさらに需要が拡大するとの楽観的な見方がある一方で、ビットコイン送金手数料の上昇やブロックサイズの問題等、ビットコインが抱える技術的な問題点を指摘する声もあります。

まだ成長途中であり、技術の開発が今後どのように進められるのかも今年のビットコインの価格を占う上で重要な要素になってくるでしょう。
 

20160106_02

中国のビッグイベント、春節

今月末には中国のお正月、春節が1月28日(土曜日)に控えていることを覚えておきましょう。この時期にはビットコイン投資の大部分を占めると言われている、中国のトレーダーもお正月ムードになるため、これがどのような相場にどのような影響を及ぼすのかにも注目です。

出典:https://www.coin-portal.net/2017/01/06/16478/?cat=postcat
ビットコイン、一時20%の急落:1月1日週の相場
Photo:coinify.com

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    「2018年仮想通貨の時価総額は200兆円になるだろう」- マイケル・ノヴォグラッツ氏

    マイケル・ノボグラッツ氏の発言は当ブログにて何度も紹介しています。…

  2. ビットコイン(BTC)

    Blockstream社 ビットコイン衛星の壮大な計画を発表

    ブロックストリーム(Blockstream)社がビットコイン衛星計画を…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインETFの意思決定に関して多くの世論が寄せられた

    米国証券取引委員会(SEC)は現在、Cboeによるビットコインをベース…

  4. ビットコイン(BTC)

    韓国第2位の新韓銀行が仮想通貨取引所に対応、投資家は一安心

    BithumbとKorbitは、韓国市場で最大の仮想通貨交換所のうちの…

  5. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?

    人民元が急落10月に入り、人民元は下落の一途をたどり、他の主要…

  6. ビットコイン(BTC)

    韓国大統領府「今のところ韓国の仮想通貨取引は禁止しない」

    韓国のブルーハウス(アメリカでいうところのホワイトハウス)は11日、今…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの55%が大口のウォレットに。その多くは「ガチホ」である
  2. ビットコイン(BTC)

    Bitmain、今や51%に近いビットコインハッシュレートを支配
  3. 仮想通貨全般/経済

    JPモルガンチェース、仮想通貨とブロックチェーン技術が銀行をおびやかす可能性を認…
  4. アルトコイン

    チャーリー・リー氏「どんなアルトコインよりもビットコインを買え」
  5. ビットコイン(BTC)

    米国投資家”ソフトな”ETFの代替商品「ETN」へ投資可…
PAGE TOP