ビットコイン(BTC)

急増するビットコインATM ロシアに初の設置

ロシアの第二都市サンクトペテルブルクに、珍しくロシア製のビットコインATMが登場した。

暗号通貨取引所、Bitlishによって運営されているその端末を利用して、利用者はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ゼットキャッシュの購入出来、取引レートは購入時に自動的に最新のものに更新される。

ヴァシレフスキー島はSredny Prospekt V.O. 36に位置するショッピングセンターで端末を見つける事ができる。

今回の設置は、法的懸念から2台だけ端末を所持していたイギリスのBitlishが、ロシアにもっとATMを設置したいという意向から行われた可能性が高い。

同取引所は、モスクワで最近開かれたカンファレンスで自社自慢のATM端末を披露したが、設置場所に関する公式な情報公開はまだ行われておらず、CoinATMRadarのリストにも現在まだロシアの端末は1台も表示されていない。

今回の設置は、ロシアの暗号通貨との関係性が変わってきているという兆しかもしれない。以前は、ルーブルに対する”代理的な”選択肢であるとして、事実上禁止されていたが、連邦中央銀行は今年、建設的なレギュレーションは、今後の政策であり、可能だとしても全面的な禁止は逆効果になるだろう、という新しい見方を示している。

ビットコインATMが急増

20170301_01

Coin ATM Radarの情報によると、昨年度からビットコインATMの普及率は急激に高まっており、1日に3台増えている計算だと言う。昨年の2016年3月1日の552台から、現在では1033台に昇るという。

そのうちの約3分の2の746台は購入が多く、3分の1の298台は売却をサポートしている状態だと言う。売却の再の手数料は5.44%なのに対し、購入する際の手数料は約10%というなかなかの高額手数料には驚きだ。

大多数にあたる65%のATMはアメリカに設置されており、2番目にカナダ、続いてイギリスとなっている。

 
出典:http://www.coinfox.info/news/6845-st-petersburg-russia-gets-first-bitcoin-atm
St Petersburg, Russia, gets first bitcoin ATM
 
出典:https://jp.cointelegraph.com/news/russia-gains-bitlish-bitcoin-atm-in-st-petersburg-firstjp/jp
ロシア初のビットコインATMがサンクトペテルブルクに設置

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは1997年からバブルと言われているAmazonと似ている

    ビットコインジャーナリストのJoseph Young氏が、海外メディア…

  2. ビットコイン(BTC)

    2017年にビットコインに投資すると良いのはなぜか?

    本日もビットコインは高値を更新し続けている。昨今、ビットコインの価格は…

  3. アルトコイン

    ビットコインのハードフォーク懸念の陰で急騰したライトコイン

    現在ビットコインはその取引処理能力(スケーラビリティ)をめぐる技術的な…

  4. ビットコイン(BTC)

    ステラ無料配布の混乱!結局もらえるの?もらえないの?

    先日、BTC(またはXRP)保持者で条件を満たした者には、ステラからX…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン購入時の消費税を非課税に、金融庁が求める

    海外では仮想通貨を非課税とする国が多く、主要7カ国(G7)で課税してい…

  6. ビットコイン(BTC)

    UberやAirbnbの早期投資家「誰もが仮想通貨に投資するべき」

    過去10年間のうち、最も成功を収めた2つのスタートアップである米国発の…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    Blocktrailがビットコイン・アプリ”をローンチ
  2. アルトコイン

    ビットコインランサムウェアWannaCryの脅威 – Window利…
  3. アルトコイン

    コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?
  4. ビットコイン(BTC)

    イーサリアムのハッシュレートが一時下落
  5. ビットコイン(BTC)

    中国大手マイニング企業、新天地を求める動き
PAGE TOP