アルトコイン

ビットコインを超える「イーサリアム」とクラウドセールについて

イーサリアムとクラウドセールについて簡単に書かれた読みやすい記事を見つけたのでご紹介します。


「イーサリアム(Ethereum)」という仮想通貨をご存じでしょうか。ビットコインに次ぐ時価総額を誇る次世代の仮想通貨であり、開発者や投資家など幅広い層が期待する新しい技術といえます。

ビットコインを超えるともいわれてるイーサリアムですが、開発された経緯を知れば今後の行く末をみることができます。イーサリアムの発展は、仮想通貨の世界が成長していくうえでのカギになりそうです。

イーサリアムはビットコインに代わる仮想通貨か?

2013年12月からオープンソースプロジェクトとして開発が始まり、プラットフォームとして2015年7月に正式リリースされたのがイーサリアムです。

オープンソースとは:
人間が理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを広く一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方。また、そのような考えに基づいて公開されたソフトウェアのこと。ソースコードはソフトウェア開発者などが記述した、人間に可読な形式のプログラムで、コンピュータで実行可能な機械語などによる形式のプログラム(オブジェクトコード)に変換されて実行される。ソースコードがあればプログラムの構造や動作原理などを知ることができ、一部を改変して挙動を変更したり、他のプログラムに組み込むこともできる。企業などが製品として販売するソフトウェアの多くは実行可能形式での頒布であり、ソースコードは企業秘密として秘匿されることが多い。(e-Wordsより)

イーサリアムで使われる仮想通貨は「イーサ(Ether、単位はETH)」と呼ばれ、ビットコインに次いで流通しているため、次世代仮想通貨と考えられがちです。しかしながら、イーサリアムは仮想通貨だけではなく、ブロックチェーンの仕組みを使ったさまざまなアプリケーションを動かすための場(プラットフォーム)として開発されました。

ビットコインでは取引金額の数字をブロックとよばれる情報のかたまりで管理し、取引が行われるごとにチェーンのように長く連なって記録されていきます。

これに対しイーサリアムでは、「誰が何をどれだけ」といった通常の商取引で必要となる契約そのものを記録できます。株式や不動産、著作物をはじめとする契約取引を記録でき、ビットコインをはるかに上回る可能性を秘めているのがイーサリアムなのです。
 

イーサリアムの開発資金を調達したクラウドセール

イーサリアムが発展してきた流れで、もう一つ押さえておくべきは「クラウドセール」でしょう。

クラウドセールとは、開発者が独自にトークン(コイン)を発行し、そのコインをビットコイン払いで売りに出すことで開発資金を調達するという、新しい形のクラウドファンディングです。

2014年、イーサリアムはクラウドセールを使って、イーサをビットコインと引き換えに事前販売したところ、実に16億円相当の資金を調達することに成功したのです。

その後、クラウドセールの初期には1イーサ=26円ほどだったものが、1イーサ=1,700円近くまで、実に60倍以上にも高騰しました。2013年のプロジェクト発足からわずかの間に、時価総額1,000億円を超える規模へと成長を遂げたのです。

それまでビットコインに続いていた、ライトコインやリップルを追い抜いてイーサリアムの流通量が2位となり、大躍進が話題になりました。高騰の恩恵を受けた人には、莫大なリターンがあったことも想像できます。

 
出典:http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170123/zuuonline_134994.html
ビットコイン(仮想通貨)を超える「イーサリアム」とは?

関連記事

  1. アルトコイン

    イーサリアムの価格テクニカル指標

    先ほどお伝えした、2日前のメモリエラー問題を境に、イーサリアムの価格は…

  2. アルトコイン

    イーサリアム レート動向

    今日のETCのレートは先日までの乱高下が嘘のように、特に午後からは落ち…

  3. アルトコイン

    Apple PayにRippleの技術を採用!?

    ソリューションと製品が商業市場に大きく影響する世界最大企業の一つ、アッ…

  4. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の驚くべき設備

    中国の北に位置する内モンゴル自治区のオルドス郊外にある、SanShan…

  5. アルトコイン

    イーサリアム・クラシックが無事にブロックチェーン・フォーク成功

    イーサリアム・クラシックは無事に「ディフィカリティ・ボム」が除去されネ…

  6. アルトコイン

    盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダーの元へ返還開始

    本日8月31日10時頃から、盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダー…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン—2017年春メドに消費税の課税対象外へ
  2. ビットコイン(BTC)

    トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇
  3. 仮想通貨全般/経済

    金融専門家「仮想通貨が今後上昇するに賭ける」UK調べ
  4. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン:7月6日の相場
  5. フィンテック

    将来的に自らの業務にFinTech技術を活用する可能性
PAGE TOP