ビットコイン(BTC)

フォーク懸念の中 ビットコインを買っているのは誰?

先日ビットコインハードフォークの危機についてお伝えしたとおり、今なおハードフォークがなされるかどうか議論が続いている。

ビットコインが2つのチェーンに分けられるかもしれない状況にも関わらず、ビットコインは本日も取引が活況に行われている。

20170323_01

ハードフォーク危機のニュースを受けて、一時は900ドル台へ下げる場面もあったが、その後ビットコインは1,000ドル以上で取引が行われている。大手取引所BitfinexとKrakenによると、直近30日の平均から見てもそれよりも多い取引量があるという。

記事を書いている現在も1,038ドル前後で推移しており、前年比の約146%近い水準だ。

一体誰がビットコインを買っているのか?ある仮想通貨のファンドマネジャーJacob Eliosoff氏はこのように語っている。

私たちが言えることは、誰かがビットコインの価格を保つよう買い支えていることです。

 

他のアナリストらも、なぜビットコインの価格が保たれているのか、それぞれに語ってはいるが、明確な答えは未だに出ていない。

一部のトレーダー達は、ビットコインが急落した押し目を狙っているかもしれません。CryptoCompareのCEO、Charles Hayter氏もこう語った。

価格が下落するとき、トレーダーらは狡猾にその底値を拾おうと狙っているのです。

 

仮想通貨トレーディングプラットフォームWhaleclubのPetar Zivkovski氏も同じような意見を述べた。

私たちがお伝えできるのは、ほとんどの売買が(短期的な)投機目的であるということ。今の不明瞭な市場においては、デイトレードをしてその日に手仕舞いしてしまうのです。

 
Binary Financialの投資マネージャーHarry Yeh氏は、もしかしたら空売りを仕掛けた人たちが、もしかすると現在のビットコインの価格のキーパーソンかもしれないと語った。

空売りを仕掛けた人たちはたくさんいます。それらのショートカバー(買戻し)が今のビットコインの価格を保っているのかもしれない。

そして最後にこう語った。

最近のビットコインの価格の戻りはデッドキャットバウンスです。そしてそれは大きな罠だ。

これらは、数名のアナリストラの意見であり、実際に起こることは誰にも予測しえない。ハードフォークが起こった際の対策を検討しておくべきである。

出典:http://www.coindesk.com/whos-buying-bitcoin-demand-persists-amid-fork-fears/
Who’s Buying Bitcoin? Demand Persists Amid Fork Fears

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークするも止まない攻撃

    18~19日の深夜に行われたイーサリアムのハードフォークについて、無事…

  2. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で

    10月12日の北京で、国際電気通信連合(ITU)と中国社会科学アカデミ…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが一夜で12%下落するも早期回復

    5月12日金曜日、ビットコインの価格は24時間で約1,815ドルから1…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで決済出来るお店がじわじわ増えてきている!

    オンラインスーパーの「Touch mall」などでビットコインの決済が…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの最近の下落は目新しいものではない

    2018年の第一四半期は、ビットコイン価格の歴史の中で最悪の記録となり…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン下落 中国の大手取引所2社がビットコインの引き出しを停止

    中国の大手取引所であるHuobiとOKCoinは、マネーロンダリング問…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    「Segwit2x」11月のハードフォーク中止
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは8000ドルを下回ったが下落は限定的な可能性
  3. 仮想通貨全般/経済

    韓国大手取引所ビッサムから約35億円が消えた
  4. アルトコイン

    イーサリアムが9月下旬にハードフォークを発表
  5. ビットコイン(BTC)

    スイスの街がビットコイン納税を発表
PAGE TOP