仮想通貨全般/経済

ポンド、31年ぶりの安値を3日連続で更新

[東京 7日 ロイター] – 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の103.77/79円。

9月の米雇用統計を今夜に控え、調整的なドル売りが散見される中、午前8時過ぎのポンド急落に歩調を合わせ、一時103.54円まで下落した。ただ、「ポンド/ドル、ポンド/円とも大幅安となった割には、ドル/円相場へのダメージは限定的だった」(外銀)という。

ロイターディーリングシステムによると、早朝の取引で1.25ドル後半を推移していたポンドは午前8時07分に1.1378ドルまで急落。1985年以来31年ぶり安値を付けた。

英ポンド/円<GBPJPY=>は早朝131円前半での取引だったが、ポンド/ドルのクラッシュに連れ安となり、一時124.12円まで下落した。

ポンドの下げのトリガーは、英EU離脱に追ずいする国が出ないように、EUの基本原則に忠実かつ厳格に離脱交渉を進めるべき、とのオランド仏大統領の主張を盛り込んだ報道や、早朝という、流動性が著しく低い時間帯における一定のフローなどが取り沙汰されている。

ただ、ポンドの下げ過程では、個人のFX取引のロスカットや、短期筋のストップを巻き込んで下げが加速したことは確かだという。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場が暴落なぜ? – Dash、NEO、EOS、IOTAは20%超下落

    今週は快調なスタートを切った仮想通貨市場。市場が回復し、トレーダー達は…

  2. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で

    10月12日の北京で、国際電気通信連合(ITU)と中国社会科学アカデミ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    「LINE」が仮想通貨取引所を7月にもスタート

    全世界で約二億人のユーザーを抱え、日本で最もポピュラーなチャットアプリ…

  4. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨ファンドマネージャー、ベア市場は「ほぼ終わった」

    クリプト・アセット・マネジメント(Crypto Asset Manag…

  5. ビットコイン(BTC)

    Zaifの説明と、21億BTCを0円で購入者との説明に食い違い

    仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロは20日、16日に発…

  6. 仮想通貨全般/経済

    中国の三大取引所が明日から取引手数料0.2%徴収へ

    中国の三大ビットコイン取引所、BTCC、OK Coin、Huobiが明…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    SBI Ripple Asiaコンソーシアムを利用した詐欺セールスに注意喚起
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格がチューリップバブルとは異なる5つの理由 – Nas…
  3. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック再始動に向けて人材募集開始
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン対応店舗、年内に国内2万カ所へ拡大めざす
  5. ビットコイン(BTC)

    マイニングコストとの関係から分析「2019年末にはビットコイン3万6千ドルを予測…
PAGE TOP