仮想通貨全般/経済

中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用

PBOC(中国人民銀行)による、中国大手2社の取引所での引き出し停止処分について、先日お伝えいたしました。

これらの厳しい措置と、厳密な調査によって強いられた取引への負担は、投資家たちを(取引所を介さずに)代替のプラットフォームへ、いざなうこととなった。

Coin.Danceによると、有名なP2P(ピアツーピア)交換プラットフォームである”Local Bitocoins”でのビットコイン取引量が、この過去1週間で最高に達したとのこと。この間、OKCoinとHuobiでの引き出しは1ヶ月間停止している。

その後、他の小規模取引所が続き、Yunbi、BTC100、BTCTradeなどが引き出しに関する基準を強化している。他の取引所では、暫くビットコインの引き出しを停止するか、最長で2〜3日間引き出し処理を延期するかのいずれかで措置を取っている。

20170214_01
*LocalBitcoinsでの1週間単位の取引量(単位は元)

 
先週、総額660万元(約1億5千万)が取引された。この数字は、前週と比較して150万元弱であったビットコイン取引が約4倍に増加したことを表しています。

予想通り、PBOCによる規制監視なしで売買されたビットコインは、暗号通貨をプレミアム価格へ引き上げた。

LocalBitcoinsのトレーダーからビットコインを購入するための最低価格は、*7000元(約115700円)を超えた。 この時BTCChinaのチャートから読み取れる情報によると、ビットコイン価格は6700元を示していた。
*通常、中国の大手取引所でのビットコインの価格は、日本の取引所より安い。

20170214_02
*BTCChinaのチャート

取引所がたとえ引き出し停止したとしても、ビットコインの大きな波が止まることは無さそうです。

 
出典:https://www.cryptocoinsnews.com/chinese-bitcoin-investors-switch-p2p-trading-exchanges-pause-withdrawals/
As Exchanges Pause Withdrawals, Chinese Bitcoin Investors Switch to P2P Trading

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    熊本電力が新規マイニング事業を立ち上げ

    20日熊本電力は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし、…

  2. ビットコイン(BTC)

    トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇

    昨日9日(米8日)のアメリカ大統領選挙が行われ、多くの人がヒラリー・ク…

  3. 仮想通貨全般/経済

    韓国の若年層が最も仮想通貨への投資が活発

    今週発表されたアンケート調査によると20代の韓国人の多くが仮想通貨に投…

  4. 仮想通貨全般/経済

    インドBelfrics、準備銀行RBIとの問題があっても取引を再開する

    インドの仮想通貨取引所「Belfrics」は、今年の初めに銀行が取引所…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ロシアの外務省、仮想通貨を法律化する草案を作成

    ロシアの財務省は、ビットコインを含め仮想通貨を合法化するための草案の作…

  6. 仮想通貨全般/経済

    ニュージーランドの取引所クリプトピアにハッキング被害か!?

    15日、日本時間17時頃、ニュージーランドを本拠とする仮想通貨取引所「…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    Zaifのバグで21億BTCを購入できてしまった事件が発生
  2. アルトコイン

    リップルは下落、ビットコインキャッシュが上昇
  3. 仮想通貨全般/経済

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える
  4. アルトコイン

    「”e-sport”のイーサリアムICOが瞬殺で完売!」…
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン利用可能店舗が1年で4.6倍に
PAGE TOP