ビットコイン(BTC)

中国はビットコインと仮想通貨取引をまもなく再開予定か?

中国の仮想通貨業界において信用できるニュースソース「CNLedger」は、「OKEX」がピアツーピア(P2P)、店頭取引(OTC)、ビットコイン・フィアット通貨間の取引プラットフォームをローンチする予定であることを報じています。

OkEx(そしておそらく、Huobi-Pro)は、様々な通貨をサポートし、P2Pビットコイン取引を間もなく開始するでしょう。彼らはCNYをはじめ、USD、JPYのような通貨もサポートすると思います。彼らは中国国外に登記し、OKCoinから独立して活動しています。プラットフォームは取引所と同じほど便利ではなく、安全性が低い(多くの詐欺師が存在しているので)かもしれない。しかし、何も無いよりは遥かにマシである。

OKEXとHuobi-Proは現在は香港に拠点が?

現在、OKEXは香港のコーズウェイベイに本社を置き、以前中国でビットコインと仮想通貨取引プラットフォームを運営していたBTCCやHuobi-Proなどの会社もあります。しかし、CNLedgerが指摘しているように、これらの企業は、P2P、OTCマーケットを香港でスタートさせる予定であり、即ちこれは投資家に中国元(CNY)をビットコインやその他の仮想通貨に対して取引できることを意味します。

中国政府の承認がなければ、CNY取引を進行し、中国の顧客、投資家、トレーダーにサービスを提供することは難しいでしょう。したがって、もし、OKEXとHuobi-Proが今後数週間のうちに、CNY/BTC建てのマーケットをスタートさせるのであれば、それはおそらく中国政府と中国人民銀行(PBoC)からの許可を得て行われる可能性が高いのです。

現時点では、中国内の取引の大半はLocalBitcoinsなどの規制されていないOTCマーケットを通じて行われています。中国当局にとって、ネットワーク管理者や仲介者のいないプラットフォームではなく、OKEXのような香港企業が取引を処理することがより有益であると考えられます。

今月初め、新華社通信をはじめとするいくつかの国有ニュース誌は、中国政府が地下経済で使用されているビットコインおよび暗号通貨に関心を示していることを明らかにしました。新華社は中国政府が間もなく「暗号化、ライセンス、およびアンチマネーロンダリング(AML)プロセス」を実施することに注目していました。これは本質的には仮想通貨市場の規制枠組みです。

日本と韓国がここ数カ月の間に行ったように、中国政府は仮想通貨取引所のための、より厳格なライセンスプログラムを導入し、強制し、最終的に仮想通貨取引を再開する可能性が高いと見られています。

20171031b-1 

中国国家主席の再選が、仮想通貨取引再開の追い風になる

ビットコインの研究者であるJon Creasy氏のようなアナリストは、習近平国家主席の再選はビットコインと仮想通貨取引所の再開につながる可能性が高いと強調しました。

これが私の予想です。
習近平国家主席が再選され、保守派になるとすぐに、自由貿易法が施行され、ビットコインの取引所が復活するでしょう。 実際、この法律がいったん成立すれば、中国政府が特定の取引所や仮想通貨を奨励していることに驚くことはありません。 歴史的に言えば、習近平国家主席は中国が長い間見てきた自由市場の最大の主張者の一人であり、この傾向は今後も続いていくでしょう。

としています。
 

 

出典:https://www.cryptocoinsnews.com/china-planning-resume-bitcoin-cryptocurrency-trading-soon/
Is China Planning to Resume Bitcoin and Cryptocurrency Trading Soon?

 
初心者にも見やすいアプリ画面と、盗難補償あり。
コインチェックでの仮想通貨取引がおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    普及加速する仮想通貨、決済サービスの動き拡大

    ビットコインをはじめとする仮想通貨 の普及に向けた動きが活発化している…

  2. 仮想通貨全般/経済

    JPモルガンチェース、仮想通貨とブロックチェーン技術が銀行をおびやかす可能性を認める

    米国最大クラスの金融機関、JPモルガンチェースは、仮想通貨とブロックチ…

  3. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    エストニア、謎のマイニングファーム200億円のICOを募る

    エストニアを拠点とする謎のスタートアップはICOで200億円近い資金を…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、上昇前の最後のふるい落としになるか

    15日、ビットコインの価格は6150ドルまで一時下落、8月の初旬以降、…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引を日本に移す中国人投資家-中国報道

    中国メディアの澎湃新闻は14日、ビットコインの取引量で世界最大だった中…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨市況

    モネロ、イーサリアム他:5月29日の相場
  2. アルトコイン

    ICO相次ぎ買い殺到でイーサリアムが下落
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン:6月5日の相場
  4. ブロックチェーン

    三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  5. 仮想通貨全般/経済

    税務署調べ、331人の日本人投資家が仮想通貨で1億円以上の収入
PAGE TOP