ビットコイン(BTC)

中国三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 でも価格は安定?

国の三大ビットコイン取引所、BTCC、Huobi、OK Coinによる取引手数料導入で価格の乱高下が懸念されていたビットコインですが、現時点では価格の方ではなく、取引量に著しく影響しているようです。

トレーダーの間では「長期的な視点から見ると、ビットコイン市場を安定させる流れである」と、ポジティブに受けとめられているようです。

中国政府による規制強化の動きが今後影響?

先日当ブログでもお伝えしましたように、BTCCを筆頭とする3社は1月22日、ビットコインおよびライトコインの売買に0.2%の取引手数料を課すことを発表しました。この発表によりある程度価格変動が予測されていたにも関わらず、価格に代わって大きな反動を見せたのは取引件数でした。

ビットコイン価格サイト、Bitcoinityのデータから例を挙げると、導入が一斉に発表された22日の23時から翌日0時にかけて、OKCoinでは4800件の取引が行われました。しかし1時間後には1000件にまで急激に落ちこんでいる。またBTCCでも同様の変動が見られ、22日19時から20時の取引件数が3万7000件を上回っていたのに対し、翌日0時から1時には1000件に減りました。

一方価格にはそれほどネガティブな反響が見られておらず、CoinDeskのデータでは22日7時には935.31ドル(約10万6316円)だった価格が24日23時には885.70ドル(約10万677円)まで下落したものの、25日3時には901.92ドル(約10万2521円)まで素早く回復しました。

こうした動きはけっしてネガティブなものではなく、むしろ自然な流れだと歓迎するトレーダーが多い。ビットコインOCT(窓口取引所)、リッチファンズのマーケティング・マネージャー、コン・ガオ氏などは、取引件数の減少によい意味でビットコインの流動性を見いだしているという。

取引が急減した主な原因として、手数料導入が高頻度に取引を行っていたトレーダーを遠ざけたと推測されています。

価格に激しい変動が見られないということは、ビットコインが一過性のブームという域を超え定着し始めた現状を表しているのでしょうか。

しかし今月に入り、中国人民銀行がビットコインの規制・管理についてHuobiなどの業務に介入するなど、今後本格的に規制が強化される可能性が高まっているのは確かです。中国人民銀行はビットコインが法廷通貨でない事実を強調し、投資家間のリスク意識を高める構えです。

 
出典:http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170127/zuuonline_137335.html
中三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 価格は安定?

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    金とビットコイン-2017年もビットコインに軍配か

    世界情勢の不安定が伝えられると、以前からビットコインと金は、何かと比較…

  2. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨は今が買い時なのか!?

    昨日は仮想通貨時価総額ランキングトップ100が、ほぼ真っ赤になってしま…

  3. ビットコイン(BTC)

    トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇

    昨日9日(米8日)のアメリカ大統領選挙が行われ、多くの人がヒラリー・ク…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの需要が増加している7カ国

    現金を使わないキャッシュレス化を推進する国もあれば、経済の不安定化によ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインを稼ぐ方法についての検索数が増加中

    Googleトレンドの統計によると、ビットコインを稼ぐ方法についての検…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン強気派トム・リー「ボラティリティの低下は嬉しい驚き」

    この数週間株価が暴落し、世界的に株式市場が調整相場に陥った。日本も例外…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ロシア、ユーザーの12%は仮想通貨が主な収入源
  2. ビットコイン(BTC)

    アップルのiMessageで国際送金が可能に
  3. 仮想通貨全般/経済

    米著名投資家ミラー氏、ビットコインにポジティブな見解
  4. ブロックチェーン

    「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす
  5. ビットコイン(BTC)

    中国大手マイニング企業、新天地を求める動き
PAGE TOP