ビットコイン(BTC)

中国3大ビットコイン取引所に問題発覚

仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の中国3大取引所がそろって違法行為を続けていた実態が明らかにされた。と中国地元メディアが報じている。

大手の「火幣網(huobi.com)」「幣行(w.okcoin.cn)」「比特幣中国(btcc.com)」は、許可された経営の範囲をいずれも逸脱し、顧客の信用取引を扱っていたという。

中央銀行の中国人民銀行が18日に報告した。顧客へのビットコイン貸与、ビットコイン取得資金提供などを問題視。導入するべきのマネーロンダリング防止措置も、設けることを怠ってきた。さらには、顧客資産を第3者機関に預託していないなど、多くの不備が見つかったという。

北京青年報などが19日に伝えたところによると、すでにbtccは、信用取引を12日から一時的に停止すると発表した。huobiとokcoinも、デレバレッジ(負債圧縮)に取り組む姿勢という。

今後の経営を持続するために、各取引所は早晩、取引手数料の徴収を再開するとみられている。比率に関しては、1000分の1以下に設定される可能性が高いという。中国のビットコイン取引所は、現金両替と信用取引の手数料で売り上げを立てるビジネスモデルを採用してきた。

ビットコインの各取引所は、いずれも預託機関を設けていないだけに、資産の保管・管理が重要な課題として浮かび上がっていた。取引の集中時には、発注が停止されるなどの不具合も発生している。こうした点を重視し、人民銀行は6日、「ビットコインのリスクを防止するための通知」を発表した。第3者の預託機関を設置する方向で、検討に入ったとされる。同時に、主要な3つのビットコイン取引所の調査に乗り出した。

これに対してBTCCはSNSサービスweiboの公式アカウントで、

「BTCCは引き続き中央銀行と協働で改変に取り組んでいく。目下、BTCCは通常営業している。」

としている。また、BTCCのHPでは規制当局からまだ公式声明は受け取っていないこと、BTCCは通常通り営業していることなどについて通知されている。

今後取引所や仮想通貨について具体的にどのような処置がくだされるかなどはまだ明らかにされていない。また、今回の報道後のビットコイン価格については、その後に-3.847%の下落があったがすぐに回復しており、1月5日の中央人民銀行の注意喚起をうながす公式声明の発表ほどの影響はまだみられない。

出典:http://www.zaikei.co.jp/article/20170119/348140.html
中国3大ビットコイン取引所に問題山積、「信用取引」など取扱い=人民銀

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

    ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、A…

  2. ビットコイン(BTC)

    10月上がり続けたビットコイン。そして今後は?

    人民元が急落10月に入り、人民元は下落の一途をたどり、他の主要…

  3. ビットコイン(BTC)

    スナップチャットの初期投資家 – ビットコインは2030年までに50万ドルになる

    「スナチャ」の愛称で知られるソーシャルメディアアプリ(画像共有アプリ)…

  4. ビットコイン(BTC)

    Blockstream社 ビットコイン衛星の壮大な計画を発表

    ブロックストリーム(Blockstream)社がビットコイン衛星計画を…

  5. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を示唆

    昨日11月12日は日曜日でしたが、ゆっくりと過ごせずにモニターにかじり…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン利用可能店舗が1年で4.6倍に

    国内でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を利用できる店舗は、こ…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    SECがETFの可否決定を延期、来年の2月が最終ライン
  2. ビットコイン(BTC)

    下落トレンドの底値は近いのか?
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで今度はガス料金の支払いも
  4. アルトコイン

    BitMEXが全てのビットコインキャッシュを売却すると宣言
  5. ブロックチェーン

    テックビューロがテレビの新番組にブロックチェーン技術を採用!
PAGE TOP