ブロックチェーン

独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想

ブロックチェーンを活用して沖縄独自の仮想通貨「琉球コイン(仮称)」をつくり、流通させる構想が県内外の企業や金融機関の間で検討されている。

仮想通貨取引所の開設を支援するビットバンク、販促を支援するメディアフラッグが県内の金融、流通、通信、交通関係の主要企業に構想への参画を提案。

取引所を設置し、世界中で利用が広がるビットコインや円、ドルとの換金を可能にする。また店舗などで決済に使える環境を整える。沖縄独自の仮想通貨圏をつくって世界中から投資を呼び込み、経済活性化につなげる狙いがある。

20170420-01

提案を受けたリウボウホールディングスの糸数剛一会長は「大きな可能性を感じる。これが動きだせばほぼ全業種が関わらざるを得ない。特定の誰かではなく、みんなで一気に乗り出せば相当なインパクトになる」と参画へ意欲を見せた。

構想では県内の主要企業が出資し、取引所を名護市の経済金融活性化特別地区に開設する計画だ。

株式会社リウボウホールディングス;
沖縄県那覇市松尾に本社を置き、不動産賃貸業・駐車場業運営を行う。
またグループ会社は百貨店事業、スーパーマーケット業態の小売業、フランチャイズシステムによるコンビニエンスストア事業を手掛ける。一般食料品及び生鮮食料品を中心とした地域密着型スーパーマーケット「RYUBO」や「沖縄ファミリーマート」など。

20170420-02

ビットコイン・円・ドルと換金可能に

「琉球コイン」はインターネット上でビットコインのほか円やドルなどと換金でき、スマホなどの端末から買い物時の決済などに使える仕組みをつくろうとしている。

例えば、ある商品を琉球コインでしか買えないというルールを作れば換金の機会が増え、保有する人が多くなると通貨価値が上がり、消費拡大にもつながる可能性がある。

主に増加を続ける外国人観光客がターゲットだが、約42万人いる沖縄に住む人たちなどの潜在的な需要にも期待する。

20170420-03

ビットバンクCEOの廣末氏は「沖縄独自の通貨圏は地理的にも歴史的にも面白い。今の沖縄の活況を見ると成功する可能性は十分ある」と説明。メディアフラッグの福井氏も「特に流通サービス業の起爆剤になるだろう」と見通した。
 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00093416-okinawat-oki
「琉球コイン(仮)」沖縄で構想 店舗決済・投資呼び込む狙い

 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功

    先日よりお伝えしていたイーサリアムのハードフォークについて続報をお伝え…

  2. ブロックチェーン

    10年で銀行が無くなる?

    米ゴールドマン・サックスの計算で行けば、米国だけでも年間の人件費削減総…

  3. ブロックチェーン

    「ハワイに仮想通貨を」ブロックチェーン研究組織結成法案が下院通過

    2月3日、ブロックチェーン研究組織の結成を求める法案がハワイ下院を通過…

  4. ブロックチェーン

    ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に

    中国のメディア(Caixin)によると中国人民銀行(PBoC)は、多く…

  5. ブロックチェーン

    イーサリアムをベースにブロックチェーンで投票システム

    JPモルガン・チェースやサンタンデール銀行などがブロックチェーンを基盤…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    リップルCEO「SWIFTとの提携はない。引き継ごうとしているのだ」
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがベネズエラの経済危機を救う
  3. アルトコイン

    CMEグループ、イーサリアム先物取引所と提携しプライス・インデックスを提供開始
  4. ビットコイン(BTC)

    米eBay(イーベイ)がビットコイン決済導入を真剣に検討
  5. アルトコイン

    海外投資会社「eToro」がイーサリアムクラシックを追加
PAGE TOP