ブロックチェーン

進むブロックチェーン決済 リップルに新たな10の銀行が加盟

リップル(Ripple)は、まだ他の通貨がなし得ていないような、歴史ある銀行、BBVAを含む新たに10の銀行が加盟を結んだ。

リップルラボは決済サービス市場に、小規模で堅実な銀行と新たな顧客を増やし続けている。

プレスリリースには新規顧客名と共にこのように説明がなされている。

世界最大手の銀行、革新的な決済サービスプロバイダーなど、国境をまたぐ決済のためにリップルに注目する顧客が増え続けています。

リストにはMUFG、BBVA、SEB、Akbank、Axis Bank、YES Bank、SBI Remit、Cambridge Global Payments、Star One Credit Union、eZforex.comなどの銀行をリストに連ねた。

それらのリストには、新しい決済代行業者(PSPs)が名前を連ねているのが興味深い。ブロックチェーンを使った支払い方法が注目されていることを示している。

採用計画

20170428-01

リップルの最高経営責任者(CEO)であるブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏は、この技術に自信を持っており、次のように述べている。

ご存知のように、リップルは現実世界で実証された決済のための唯一のブロックチェーンソリューションであり、様々な規模や種類の金融機関が必要としています。

一部のメンバーは、具体的な計画は未だ示されていないが、商業的実施を目指している。東京三菱UFJ銀行の総支配人はこのように語る。

リップルと協力して、ブロックチェーン技術の力を使って顧客の経験を変える、新しい支払いサービスを提供出来ることは非常に喜ばしいことです。私たちのを公約を実証するため、ジャパン・バンク・コンソーシアムに参加して日本の他の銀行と協力し、リップルのグローバル・ネットワークの商用利用に移行して参ります。

今後のXRPの見通しはポジティブ

取引の大半は同銀行内における国際送金である。しかし最も期待される節目は、ブロックチェーンを使った他行あてへの送金が可能となる時だろう。

XRPは、2017年に入って良いニュースだけをもたらしたため、価格と時価総額が急増した。 2016年、振るわない状況だったにもかかわらず、リップルラボは成長と繁栄に向けて軌道に乗っているように見え、スタッフは150人以上を数えるまでになった。

時間と手数料の両方の効率性を兼ね備えた、ブロックチェーンの仕組みは採用される可能性が高い。その一方でSWIFT(現在主な国際送金を請け負っている国際銀行間通信協会)のような企業はこの事態を重く受け止めなければならないだろう。
 

出典:https://cointelegraph.com/news/ripple-signs-up-another-10-banks-as-blockchain-based-payments-grow
Ripple Signs Up Another 10 Banks As Blockchain-Based Payments Grow

 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功

    先日よりお伝えしていたイーサリアムのハードフォークについて続報をお伝え…

  2. ブロックチェーン

    トップクラスのビジネス校は暗号通貨コースを開設

    あるトップランクのビジネススクールはビットコインへの高まる関心に乗じて…

  3. ブロックチェーン

    ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討

    ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可…

  4. ブロックチェーン

    山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い

    「ごうぎん」の愛称で親しまれる山陰合同銀行は10日、仮想通貨の基盤技術…

  5. フィンテック

    韓国のサムスングループもフィンテック事業に乗り出した!?

    ブロックチェーンは、インターネット以来の大革命。韓国のサムスングループ…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    中国–ブロックチェーン開発に本腰
  2. 仮想通貨全般/経済

    中国などICOに規制で仮想通貨全体が下落
  3. ビットコイン(BTC)

    ピーチ航空 ビットコインでの支払い受け入れ
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは1997年からバブルと言われているAmazonと似ている
  5. ビットコイン(BTC)

    オーストラリア – ビットコイン非課税に
PAGE TOP