ビットコイン(BTC)

ビットコインが第2四半期に反発すると考えられる3つの理由

今年、ビットコインにとってあまり良くないスタートを切りましたが、そろそろ明るい兆しが見え始めるかもしれません。

規制当局からの圧力と、googleやFacebookなどといった広告プラットフォームから冷や水を浴びせられた結果、仮想通貨市場は第1四半期で時価総額が1,190億ドル減少することとなりましたが、ビットコインは反発に向けて準備段階に入ったと分析する人達もいます。

CNBCのブライアン・ケリー氏もそのひとりで、第2四半期におけるビットコイン価格の好材料を解説しています。
 

その1:米国の確定申告シーズンが間もなく終わる

すぐそこまでやって来ている4月15日で、米国は確定申告シーズンが終わりを迎えます。

去年12月をピークに仮想通貨の大きな商いで儲けた投資家や取引所はいま税金を支払わなければならず、これが3月の大きな売り圧力への説明が付きます。

ケリー氏は3月に起きた「税金関連の売却」はあと1週間程度で終了すると指摘しました。 (また、ケリー氏は、大ヒットした20億ドルのテレグラムのICOが、BTCへの投資を減らした可能性があるとも説明しています。)
 

その2:コインチェックの再建

米国のトレードステーション(大量のデータとチャート機能を持つ)の親会社であるマネックスグループによるコインチェックの買収が発表されました。

「これは大きな信頼の高まりとなる。 日本の規制された公けの会社が、仮想通貨取引所を買収した。」

これは大きな、大きな感情の変化である。

とBKキャピタルマネジメントのブライアンケリー最高経営責任者(CEO)はCNBCに語りました。
 

その3:歴史が教えてくれる

大底で拾うと考えてもいない限り、3月は投資家にとって直視するには厳しい月でした。しかしビットコインの価格が下落したとしても、歴史はパフォーマンスが繰り返されることを証明しています。

トーマス・リー氏率いるFundstratのデータによると、3月は「ビットコイン価格が、過去7年のうち2013年の1度しか上昇していない。」としています。

4月は歴史的に見て、ビットコイン価格にとって取引のベストシーズンの一つで、「過去7年間のうち5年上昇した月である。」としています。
 
出典:https://www.ccn.com/3-reasons-why-the-bitcoin-price-will-rebound-in-q2/
3 Reasons Why Bitcoin Price Will Rebound in Q2 2018

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所です☆彡
登録無料。サポート、サーバーの安定性などまずまずでバランス良し。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ハッカー集団がNSAの情報に対して身代金を要求

    The Shadow Brokersと呼ばれるハッカー集団が、米国家安…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン購入時の消費税を非課税に、金融庁が求める

    海外では仮想通貨を非課税とする国が多く、主要7カ国(G7)で課税してい…

  3. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の驚くべき設備

    中国の北に位置する内モンゴル自治区のオルドス郊外にある、SanShan…

  4. ビットコイン(BTC)

    韓国政府関係者、大暴落の前にインサイダー取引の疑い

    16日、17日にかけて仮想通貨市場は全面安の下落が続いていました。…

  5. 仮想通貨全般/経済

    韓国ミレニアル世代、5人に2人がビットコイン投資に強い関心

    韓国銀行(BOK)の新たな報道によると、韓国のミレニアル世代は現在、他…

  6. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破

    仮想通貨はこれまでにないボリュームとスピードでブームを巻き起こしており…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがゴールドの価値を上回る
  2. ビットコイン(BTC)

    Bithumbと電子決済Korea Pay Servicesが提携、8000店舗…
  3. ブロックチェーン

    オーストラリア大手電力会社、ブロックチェーン電力売買の実証に着手
  4. ブロックチェーン

    フリマアプリのメルカリが仮想通貨ビジネスに参入
  5. アルトコイン

    アメリカンエクスプレス、リップルと提携を発表
PAGE TOP