仮想通貨全般/経済

2018年「成熟した」仮想通貨市場が多くの投資を引き寄せる

香港に拠点を置く仮想通貨投資会社Orichal Partnersの設立パートナーであるAdrian Lai氏は、2018年は仮想通貨市場が成熟し、特に機関投資家の間で取引量が増加すると予測しています。

Lai氏は、昨年の目を見張る時価総額の急増、2018年1月の8000億ドル以上の取引量、そして今年の第1四半期までに2560億ドルまでの減少した今日までの動きを「不合理」だとしている。

同氏は、この驚異的なボラティリティは、まともな規制制度の欠如、と機関投資家の参入が無かったことと考えているが、将来について全く楽観的な見解を示しました。

規制当局は仮想通貨の発展を禁じているわけではないが、企業が成熟するよう、市場をより良く規制しようとしている。規制の立場が明確になれば、大規模な資金投資がより確実になり、意欲的な資本が流入するでしょう。

Lai氏の言うように、2018年は既に仮想通貨界に関する多くの規制が推進されています。2月の米国商品先物取引委員会(CFTC)と証券取引委員会(SEC)の公聴会など。2018年は既に仮想通貨に集中した動きがあります。

米国、日本、韓国は現在、仮想通貨、ブロックチェーン、仮想通貨取引所およびICOの規制を発議しているほか、税制の枠組みを検討しており、各国は規制措置が十分に開発されていないと認めています。

ブロックチェーンに関連するベンチャーキャピタルへの2018年の投資は既に2017年のそれを上回る見通しで、ゴールドマンサックスや百度(baidu)、中国国際金融有限公司(CICC)によるサークル社への1億4000万ドルの投資や、デジタルカレンシーグループによる仮想通貨へのアプローチに積極的なシルバーゲート銀行への投資などが既に行われています。
 
出典:https://cointelegraph.com/news/2018-mature-crypto-market-will-draw-more-investment-see-less-volatility-analyst-says
2018 ‘Mature’ Crypto Market Will Draw More Investment, See Less Volatility, Analyst Says

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所です☆彡
登録無料。サポート、サーバーの安定性などまずまずでバランス良し。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    金融庁認定の仮想通貨交換業者11社発表。19社は継続審査中

    金融庁が仮想通貨交換業者の認定業者を発表しました。10月2…

  2. 仮想通貨全般/経済

    熊本電力が新規マイニング事業を立ち上げ

    20日熊本電力は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし、…

  3. 仮想通貨全般/経済

    楽観ムードで仮想通貨市場の取引ボリュームが急増

    とりわけこの直近3日間で、主要な仮想通貨の取引量と市場規模は著しく増加…

  4. 仮想通貨全般/経済

    Bitfinex、11月9日までに米国ユーザーへのサービスを終了

    香港の大手取引所Bitfinexは、11月9日から全ての米国在住の顧客…

  5. 仮想通貨全般/経済

    「詐欺サイト(?)BitDayにご用心」

    ビットコイン(仮想通貨)の世界では詐欺サイトは、もはや珍しくありません…

  6. 仮想通貨全般/経済

    SBI、仮想通貨取引サービス開始。一般は7月予定

    SBIホールディングスは6月4日、子会社のSBIバーチャル・カレンシー…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生
  2. アルトコイン

    Vitalik氏「イーサリアムは数年でVisaの取引規模になる。」
  3. アルトコイン

    イーサリアムクラシックが上場来高値を更新
  4. 仮想通貨市況

    ビットコイン、ライトコイン:5月10日の相場
  5. アルトコイン

    ビットメイン香港証券取引所に上場申請、ビットコインキャッシュが高騰
PAGE TOP