仮想通貨全般/経済

バルト諸国で増えているビットコイン払い

エストニア、ラトビア、リトアニアなどのバルト諸国では包括的な規制が導入されていないため、仮想通貨が普及しはじめているようです。

不動産、オンライン取引、ホスピタリティ業界、さらには医療など、複数の分野の企業が仮想通貨支払いを利用できるようになっています。同地域における一部の企業は、既に世界的にもサービスを提供しています。
 

ビットコイン払いで売りに出るアパート

バルト諸国では、ビットコインでコーヒーを買うのは特別なことではありません。現地のメディアによると、カフェ、バー、レストラン、ホテル、お土産屋、さらには整形外科の診療所でも仮想通貨を受け入れはじめたところもあるといいます。

このエリアで土地や住宅を販売しているいくつかの企業は、不動産事業に仮想通貨の支払いを導入したと、ロシアのタブロイド紙Novaya Gazetaはリポートしています。

バイヤーは、間もなくリトアニアの首都ヴィリニュスから遠くない現在建設中のAuriaiコテージで土地や家を購入することができるようになるでしょう。

仮想通貨価格が提示されている不動産は、近隣のラトビアとエストニアでも販売されています。 Baltic Sotheby’s International Realtyのラトビア支店は、Jūrmalaにビットコイン用のペントハウスアパートメントを提供しています。

最近、エストニアの不動産業者LAAM Kinnisvaraは、タリン(Tallinn)から車で15分のMaarduの町にあるアパートは仮想通貨を受け入れていると発表しました。同社が建設した44棟のうち3分の1がすでに売れています。次のビットコインでの取引は来週行われる予定です。
 

アパレルに導入されるビットコイン

Coinmapによるとヴィリニュス(Vilnius)では30ヶ所以上、タリンでは26ヶ所、リガ(Riga)では21箇所が仮想通貨払いを受け付けているとしています。

ビットコインのATMはエストニアとリトアニアの首都で見かけるようです。
仮想通貨を受け入れる企業のほとんどは、ホスピタリティ業界(カフェ、バー、レストラン、お土産屋、ホテルなど)です。しかし、他の分野も急速に追いつこうとする動きがみられます。

約1ヵ月前に、リトアニアのベネトンのフランチャイズであるファッションブランドのUnited Colorsが、仮想通貨を受け入れると発表しました。ヴィリニュスの店舗では、Coppayと提携して、ビットコイン、イーサリアム、Dash、NEM、steemで支払うことが出来ます。

ベラルーシに拠点を置く決済プロバイダーは、複数の市場からのデータに基づく為替レートで即座に決済を行うことができます。

同社共同設立者であり元ビリニュス市長のArturas Zuokas氏はこのように述べています。

シンプルで簡単であり、特別な取引は必要が無いのでクライアントには気に入っていただいています。追加の(使用方法についての)のレクチャーは必要ありませんでした。

因みに、リトアニアは既にCoppayによって維持されている似たようなプラットフォームが存在します。現地のCoingate社は、フランスのオンライン決済開発者と契約を結んでいます。 Prestashopとのこのパートナーシップを通じて、リトアニア人は世界中の8万の売り手へサービスを提供する予定です。
 

まだ規制されていないビットコイン

バルト諸国でも包括的な規制は採択されていません。ラトヴィアは最近、課税目的のために部分的に仮想通貨を認識しようとしました。

リガの当局は、ビットコインは「取引として機能する。」と述べ、その結果、仮想通貨の取引によるキャピタルゲインに20%の税金が課されるようになります。

バルト諸国の中でもエストニアが恐らく最もデジタル的に発展している国で、独自の仮想通貨を発行することを深く検討しています。首都タリンは、ヨーロッパの中央銀行のネガティブなスタンスにも負けず、このアイデアをあきらめてはいません。

このプロジェクトの後押しを行なうオフィシャルは、仮想通貨としてではなく、トークンとして「エストコイン」を発行するよう依然として推進しています。いずれにせよ、エストニアは国家通貨の計画を進める決議をしています。

リトアニアの中央銀行は、ある時期は仮想通貨に反対していましたが、(ポジティブな方向での)規制の枠組みの中で、仮想通貨の代表との相談を始めました。 またヴィリニュスの銀行Lietuvos Bankasの高い役職者は先週、「盲目の否定、仮想通貨の世界に理解を示さず迎えることは私たちをどこにも導かない。」と述べました。
 
出典:https://news.bitcoin.com/bitcoin-payments-are-on-the-rise-in-the-baltics/
Bitcoin Payments Are on the Rise in the Baltics

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    韓国は新しい金融監督官の下、仮想通貨に肯定的

    6日、韓国の主要金融規制当局は、国内の仮想通貨取引に関する規制を緩和す…

  2. ビットコイン(BTC)

    韓国サムスンがビットコインのASIC事業に参入

    韓国サムスン電子(Samsung)は29日、台湾の半導体受託生産最大手…

  3. 仮想通貨全般/経済

    全米経済研究所の調査結果「資産にビットコインを組み入れるべきである」

    仮想通貨に投資るすべきかどうかについては、今熱く議論されている話題です…

  4. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

  5. 仮想通貨全般/経済

    中国大手取引所BTCC、6月にリニューアルした取引所を開始

    香港に本拠を置く仮想通貨企業BTCCは、ソーシャルメディアと公式ウェブ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    Coinbase、日本でのライセンス承認の厳しさに不安は無い

    巨大仮想通貨取引所の「Coinbase(コインベース)」は日本の金融庁…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国大統領府「今のところ韓国の仮想通貨取引は禁止しない」
  2. 仮想通貨市況

    ライトコイン:6月19日の相場
  3. ブロックチェーン

    米決済大手VISAもブロックチェーンを利用へ!
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン1700ドル突破 年初来80%高
  5. 仮想通貨のきほん

    アルトコイン(オルトコイン)ってなに?
PAGE TOP