仮想通貨全般/経済

仮想通貨交換業16社が新組織発足。信頼回復目指す

ライセンスを受けた日本の仮想通貨交換業者らが、市場の信頼を回復すべく結成し、23日、日本の金融庁に登録されている16の取引所は「日本仮想通貨交換業協会」(Cryptocurrency Exchange Association)と呼ばれる新組織を発足しました。

外国為替事業を行ない、更には仮想通貨界にも参入したマネーパートナーズの社長兼CEOである奥山泰全氏が、この協会の会長となります。

同協会は、ライセンスを受けたすべての取引所を結成することにより、顧客保護と内部統制に関する包括的なルールの策定に努め、メンバー企業からの遵守を求めると語りました。

さらに、業界の健全性を損なう活動をするものには、グループによって罰則を科すとしています。

奥山氏は「今後は自主規制の推進を目指し、利用者の不安を払拭し、信頼回復を進めたい。」と語りました。

このニュースは、日本の取引所Coincheckから約5億ドル相当のNEMが盗まれた、今年1月のハッキング事件を受けて、業界の信頼を回復するための手段として強く推し進められていました。

金融庁からの完全なライセンスがなくても、まだ多くの仮想通貨交換が行われている現状について奥山氏は、新しい団体は、これらの団体の開発について助言を行なっていくことを目指すとしています。

 
ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    モスクワで初の仮想通貨取引所が開設

    ロシア当局がビットコインの使用に罰則を与える案を撤回した数日後、はじめ…

  2. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上…

  3. 仮想通貨全般/経済

    SBIも仮想通貨マイニング事業に参戦

    SBIホールディングスは19日、米ヘッジファンド(CoVenture …

  4. ビットコイン(BTC)

    トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇

    昨日9日(米8日)のアメリカ大統領選挙が行われ、多くの人がヒラリー・ク…

  5. 仮想通貨全般/経済

    15年ぶりの中国人民銀行総裁はビットコインに好意的

    中国の中央銀行である中国人民銀行は、15年ぶりに新総裁を迎えました。新…

  6. 仮想通貨全般/経済

    金融庁、仮想通貨交換業7社に対して行政処分。コインチェックは2度目。

    金融庁は8日、仮想通貨交換業を営む7社に対して以下の行政処分を行ないま…

過去記事

新着記事

  1. フィンテック

    ソラミツ、楽天証券ブロックチェーン技術で共同開発開始
  2. アルトコイン

    ビットコインを超える「イーサリアム」とクラウドセールについて
  3. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュ…
  4. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功
  5. ビットコイン(BTC)

    イタリア政府、ビットコインを通貨として扱い課税する意向を示す
PAGE TOP