仮想通貨全般/経済

野村ホールディングス、仮想通貨の保管サービスの研究開始を発表

機関投資家向けに安全なデジタル資産保管ソリューションを提供するため、「コマイヌ(Komainu)」という国際的なベンチャー企業が創設されました。

野村ホールディングスは、カストディ・サービス提供に向けて、研究を開始すると公式で発表しています。

野村HDの発表

野村HDの発表によると、このベンチャーは、グローバル金融サービスグル​​ープである日本の「野村」、フランスを本拠とするデジタル資産セキュリティソリューションプロバイダーである「Ledger」、英国領ジャージー島の国際投資顧問会社であるグローバル・アドバイザーズ・ホールディングスの3社合同で立ち上げられました。

デジタルアセット市場の急激な成長を背景に、機関投資家をはじめ多くの投資家がデジタルアセットへの投資を検討しています。しかし、安全かつ法規制に準拠したカストディ・サービスが不足していることが、その参入を妨げる大きな要因になっています。

このように、投資家のデジタル資産参入への懸念を取り払うため、野村HDはこのプロジェクトを立ち上げたとしています。
 

カストディ・サービスとは

一般的には、投資家のために証券を保護預りするサービスを指します。

業務の範囲は有価証券の保管業務だけでなく、元利金・配当金の代理受領、運用資産の受渡し決済、運用成績の管理などを提供するサービスです。

ざっくりと言えば「保管サービス」です。
 

各分野のリーダーが終結

銀行業務、デジタル資産セキュリティ、資産管理などそれぞれのトップ・エキスパートがそれぞれの分野で培った経験を持ち寄り、研究を行っていきます。

今回の合同会社の1つ、すでに100万個以上のハードウェアウォレットNano Sを販売しているLedgerの社長Pascal Gauthier氏はこのように述べています。

金融業界の専門家とデジタル資産セキュリティのリーダーを集めることにより、当社の新しいベンチャーは、初となるビジネスのために構築されたサービスとソリューションを提供するだろう

さらに、CoinSharesの親会社であるグローバル・アドバイザーズ・ホールディングスの共同執行役であるモネッティ氏はこのように答えています。

6年間に渡る調査と、当社の管理パートナとその規制当局との協力のもと、我々は今実証的な進歩を遂げている。これにより、世界中の参加者に新しくてエキサイティングな機会が開かれ、デジタル資産をメインストリーム製品に近づけることができるでしょう。

 
大手金融機関のデジタル資産、仮想通貨市場への参入ニュースが次々と出てきています。まさに2018年は大手機関の参入の年となりそうです。

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

  2. 仮想通貨全般/経済

    コインベースのカストディサービス、機関投資家に向けてスタート

    2日、米国の大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)は機関投…

  3. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨関連法4月1日に施行

    仮想通貨交換業者を登録制にするなどを盛り込んだ「銀行法施行令等の一部を…

  4. 仮想通貨全般/経済

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

    インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Mar…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    リップルCEO「SWIFTとの提携はない。引き継ごうとしているのだ」
  2. アルトコイン

    米グレイスケール、イーサリアムなど主要仮想通貨のファンドを立ち上げ
  3. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインがネット社会での決済手段となることを期待している」…
  4. 仮想通貨全般/経済

    インフレが起きた場合の仮想通貨のメリットについて考える
  5. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ
PAGE TOP