ビットコイン(BTC)

JPモルガン仮想通貨資産戦略部門を新設、トップに若きリーダーを任命

大手米国銀行グループのJPモルガン・チェースは17日、仮想通貨資産戦略部門を新設、それに伴い新しいトップを据えたことを発表しました。

ロンドンに住むオリバー・ハリス氏(29歳)はブロックチェーン開発部門トップのウマル・ファルーク氏の下で、この新しい役割をにないます。ハリス氏は、JPモルガン・チェースとカナダ・ナショナル銀行が先月テストを開始した、ブロックチェーンプロジェクト「クォーラム(Quorum)」の指揮も執る予定です。

ハリル氏は、積極的にトレードするのではなく、銀行のための仮想通貨関連の新しいプロジェクトを考え、指揮を執ることが優先となるとしています。また、仮想通貨のカストディ(保管)サービスとブロックチェーンが、JPモルガンの決済サービスの中でどのように働きかけられるのかを調査を行なうと伝えられています。

ハリス氏は過去2年間で、JPモルガンで有望なフィンテックのスタートアップを見つけ、提携する「インレジデンス・プログラム」を率いてきました。

JPモルガンのダニエル・ピント共同社長は最近、CNBCのインタビューに対して仮想通貨にへの前向きな姿勢を見せ、金融システムの「トークン化」は「現実」であり、「多くの中央銀行がそれを検討している」と語りました。しかしながら「現在の形」では仮想通貨の採用は可能ではない、とも強調しています。
 
全般的に、投資銀行の大手は、仮想通貨に対して懐疑的なスタンスを取ってきました。JPモルガンは2017年の米国証券取引委員会(SEC)年次報告書に「リスク要因」として仮想通貨を含め、今年2月にはクレジットカードによる仮想通貨の購入することを顧客に禁止してきました。

昨年、JPモルガンのジェイミー・ダイモン会長兼CEOは、ビットコイン(BTC)を「詐欺」と呼び、BTC取引をする社員を解雇すると主張しました。 それから直ぐの1月に彼の主張は一転、以前の発言を後悔していることは認めたものの 「仮想通貨にはあまり興味がない。」と、どちらでもない態度を依然、示したままです。
 
ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

出典:https://cointelegraph.com/news/jpmorgan-creates-and-fills-new-position-of-head-of-crypto-assets-strategy
JPMorgan Creates and Fills New Position of Head of Crypto Assets Strategy

 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ジンバブエの人々は世界との繋がりにビットコインを使用している

    ジンバブエに拠点を置く取引所「Golix」のYeuki Kusanga…

  2. ビットコイン(BTC)

    カナダ人のビットコイン保有者58%が投資目的

    7月23日に発行されたカナダ銀行(BoC)の調査によると、カナダ市民は…

  3. ビットコイン(BTC)

    韓国最大のビットコイン取引所がイーサリアム・クラシックによる取引を開始―手数料は無料

    韓国の大手ビットコイン取引所、Korbitがイーサリアム・クラシックの…

  4. ビットコイン(BTC)

    (悲報)XAPOデビットカードが突然の中止を発表

    当ブログでもご紹介していたXAPOのカード。ビットコインをチャージして…

  5. ビットコイン(BTC)

    iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

    ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、A…

  6. ビットコイン(BTC)

    カナダ政府 – ビットコインのメインストリーム化に向けて加速

    最近カナダで行われたイベントによると、カナダ政府が今ビットコインをメイ…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン8000ドルエリアが見えてきた
  2. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュ…
  3. アルトコイン

    サンタンデール銀行、リップルを使った決済アプリを今週ローンチ
  4. 仮想通貨市況

    ライトコイン:6月19日の相場
  5. フィンテック

    最新の株価指数「Finteq指数」とは?
PAGE TOP