仮想通貨全般/経済

ビットフライヤー、業務改善命令を受け新規アカウント作成一時停止

金融庁は22日、大手BitFlyer(ビットフライヤー)など、仮想通貨交換業者6社に対して業務改善命令を出したと正式発表しました。

すべて改正資金決済法に基づく登録業者で、立ち入り検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)などへの対策に不備があったためとしています。

仮想通貨市場が拡大するスピードに対応できず、内部の管理体制が不十分だと指摘を受けました。

業務改善命令の対象となったのは、ビットフライヤーとQUOINEのほか、ビットバンク、ビットポイントジャパン、BTC BOX、テックビューロの計6社です。

テックビューロは今年3月に続き、2度目の処分となります。顧客資産の保護体制など、金融庁の審査をクリアした登録業者は現在16社あります。そのうちの約4割が処分対象となりました。

1月にコインチェックで約580億円の仮想通貨「NEM」が不正流出する事件が発生したのを受け、金融庁は登録申請中の「みなし業者」への立ち入り検査を実施し、その結果全15社が行政処分を受けたり、撤退を発表していました。

あわせて登録業者についても立ち入り検査を進めたところ、資金洗浄といった犯罪の疑いがある取引の確認体制が不十分だと指摘を受けました。

これを受け、ビットフライヤーは新規顧客のアカウント作成を一時的に停止中です。

当社は、既存のお客様への本人確認状況の再点検が完了し、かつ、内部管理体制強化が整うまでの間、新規のお客様によるアカウント作成を自主的に一時停止させていただきます。

なお、既存顧客による入出金や仮想通貨の売買は、現在のところは従来どおり「継続」するとしています。今後は再度既存顧客に対して必要であれば本人確認を行い、管理体制が改善され次第、新規アカウントの受け入れをホームページなどでアナウンスするとしています。
 
 

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    韓国大手取引所ビッサムから約35億円が消えた

    韓国最大の仮想通貨取引所である「Bithumb」(ビッサム)は、韓国時…

  2. 仮想通貨全般/経済

    バークレイズの元トレーダー、ビットフライヤーへ転職。既存の金融機関に未来を感じられない。

    イギリス・ロンドンに本拠を置く「バークレイズ」の元トレーダーである村山…

  3. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのプーチン大統領、仮想通貨について異例のコメント

    ロシアのウラジミール・プーチン氏が、仮想通貨の成長と支払いの正当な方法…

  4. ビットコイン(BTC)

    CBOEでビットコイン先物取引が開始、急騰で一時取引停止も

    ついに、シカゴのオプション取引所CBOEは本日(現地時間12月11日日…

  5. 仮想通貨全般/経済

    Zaifがハッキングで67億円の被害 – 利用規約を前日に更新していた

    日本の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は20日、…

  6. アルトコイン

    ブライアン・ケリー氏「ETF延期を理由にビットコインを売却するのは間違い」

    CNBCの番組ファスト・マネーのコメンテーターであり、BKCMのCEO…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    債券王、グロース氏 – 投資家の自衛策としてビットコインの魅力高まる…
  2. 仮想通貨全般/経済

    中国大手取引所BTCC、6月にリニューアルした取引所を開始
  3. ビットコイン(BTC)

    ウィーンに初のビットコイン銀行が登場
  4. アルトコイン

    ライトコインの創始者チャーリー・リー氏が保有するライトコインを全て売却、開発は続…
  5. ブロックチェーン

    ICO規制で中国ブロックチェーンカンファレンスが中止に
PAGE TOP