ビットコイン(BTC)

持ち主が亡くなった場合ビットコインはどうなるの?

ビットコイン所有者が亡くなってしまった場合、銀行と違い預金通帳やカードが存在せず、秘密鍵は本人のみが知ることが多い。このようにビットコインなど仮想通貨はどうなってしまうのか?

不測の事態が起こった場合のビットコインや他の暗号通貨の元の持ち主から相続人への所有権の移転は、暗号業界ではまだ適切に定義されていない重要な問題である。

ビットコインの本当の所持者は誰か?

セキュリティ上の理由から、特定の個人のウォレットへのアクセスは、本人のみしか法的に許されていない。ログインの詳細や、それぞれのウォレットへのアクセスの方法の詳細を誰かと共有する場合は自己責任とされる。

対応する秘密鍵を持っている場合のみ、ビットコインを所持することが出来る

オンライン・ウォレットは、基本的に分散型プラットフォームに置かれている。これは、言い換えれば、そういったプラットフォーム自体は、特定の個人やグループによって所有されておらずコントロールされていないということを示している。

最終的には、個人のアカウントに属している鍵にアクセス不能になった場合は、Eメールへのログイン時を含み、個人の所有物が誰にも見つけることが出来ない巨大な空間にポツリと存在し続けることになり、永遠に行方不明になってしまうことを意味している。

不測の事態に備えての対応策

つまるところ、亡くなった親族からビットコインを回収するのは困難か、或いは不可能に近いと思われます。ビットコインが大手取引所に預けられていた場合や、第三者の手によって管理されていた場合は、不動産弁護士などをあたって、あなたが新たなアカウントの所有者であることを証明できれば可能かもしれません。

対応する秘密鍵を持っている場合のみ、ビットコインを所有することが出来ます。

最も実用的な方法としては、遺言書に秘密鍵を書き留めておくか、秘密鍵の半分を弁護士に預け、残り半分を遺言執行者に預けておくことが一番良いかと思われます

今後の可能性

現在のところ、秘密鍵を自分の死後何らかの形で家族に伝えられるように段取りしておくしか方法がなさそうですが、将来的には所有者が生前に遺言を認められなかった際に、自動的にビットコインを残された遺族へと手渡すスマートコントラクトのような自動化されたシステムが今後生まれる可能性は大いにあると思われます。

そんな便利なサービスが生まれるまでは、多くのビットコインを持っている人は、事前対策が重要です。

出典:持ち主の死後、ビットコインはどこへ行くのか?
https://jp.cointelegraph.com/news/where-will-a-dead-mans-bitcoins-goJP/jp

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコインは短期的に5000ドルをも超えるだろう ー マックスカイザー

    マックスカイザー(Max Keiser)氏は、今週月曜日にビットコイン…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン利用可能店舗が1年で4.6倍に

    国内でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を利用できる店舗は、こ…

  3. ビットコイン(BTC)

    1100億円分のビットコインを持つウォレットが突如動き出した

    現在は閉鎖されているダークウェブ「シルクロード」に関連すると見られてお…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物取引、ナスダック上場が刺激剤に

    ニューヨークの証券取引所に次いで世界第2位の規模である証券取引所ナスダ…

  5. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー

    アンチウイルスソフトでおなじみのジョン・マカフィー(John McAf…

  6. ビットコイン(BTC)

    中国人民銀行の前頭取「ビットコインの破壊は不可能。」と発言

    中国の中央放送局に当たるCCTVが2月14日放送したビットコインとマネ…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ポーランド政府が正式にビットコインや他の暗号通貨の取引を認知
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格がチューリップバブルとは異なる5つの理由 – Nas…
  3. アルトコイン

    ライトコインの価格が急上昇 1週間で36%増
  4. ビットコイン(BTC)

    中国債券バブルの崩壊と人民元の成長鈍化―差し迫るビットコイン価格の高騰
  5. ビットコイン(BTC)

    「Segwit2x」11月のハードフォーク中止
PAGE TOP