イーサリアム(ETH)

イーサリアム創設者ヴィタリック「ETFよりも仮想通貨の利用が大事」

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏による最近のツイートによれば、仮想通貨コミュニティはETFの承認か否かについて熱心になりすぎており、仮想通貨を支払い手段として日常に利用できるようしようとは考えていない。と述べています。

彼は確かにETFの承認が仮想通貨の価格に恩恵をもたらすことは認めているものの、多くの(決済手段として)仮想通貨の採用がなければ、多くの人々が利用してくれるようにはならない。としています。

僕は人々がBTC、ETH、なんとかETFなどに固執しすぎていると思う。そして、その辺のショップで5ドルから100ドルの買い物に仮想通貨を簡単に利用できるようにすることには重きを置いていないと思う。
前者は価格の押し上げには良いだろう。しかし後者が本当の意味で(仮想通貨の)採用なんだ。

このコメントに対して、ツイッターではユーザーから多くの反応がありました。

あるユーザーは、「仮想通貨で利益を得ることが、仮想通貨の更なる利用に繋がることになると思う。なぜならフィアット通貨に交換する必要が無いからね。」と価格の上昇が仮想通貨の決済手段としての利用を促進すると結論付けています。

また、別のユーザーは「小売取引で仮想通貨の利用を現実のものにしようとする試みは過去に行なわれてきました。しかし、仮想通貨規制への懸念により(仮想通貨で使用できる)カード発行はされなくなってしまいました。」と指摘しました。

これらのユーザーは現状はこのような(ETF承認への)努力が、より仮想通貨への成功に繋がる可能性があると述べました。

また、その他には小売取引に仮想通貨を利用する利点は無いと指摘するものもいました。

ETFの承認と仮想通貨決済導入は関係している

ブテリン氏は、日々の決済手段として、広く仮想通貨決済が導入される鍵となることを考えていますが、ETFの承認はそれを実現する上で最も大きな役割を担うことになる可能性もあります。

米国証券取引委員会(SEC)が最近、ビットコインとイーサリアムが証券ではないという判断をしたとき、多くの仮想通貨賛成派は、仮想通貨がETFに適しているというニュースを歓迎しました。この決定は、仮想通貨の決済採用に影響を与える可能性のある朗報でもあったのです。

先月、Coinbase(コインベース)のゼネラルマネージャー兼副社長であるDan Romero氏は、仮想通貨の規制の現段階では、有価証券に分類できないデジタル資産を統合することが重要だと述べています。

コインベースは5月に仮想通貨取引所であるParadexとイーサリアム・アプリケーションのToshiを取得し、さらに多くのトークンを統合することで、主流のトークンの採用が促進されると多くが信じています。

Circle(サークル)の共同設立者兼CEOのジェレミー・アライアー(Jeremy Allaire)氏は昨年、仮想通貨市場を触媒してきたことの1つとして、数十万人の開発者がブロック・チェーンの採用を拡大するためにdAppを構築し始めたとしています。
 

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://www.ccn.com/ethereum-creator-mass-adoption-matters-more-than-cryptocurrency-etfs/
Ethereum Creator: Mass Adoption Matters More Than Cryptocurrency ETFs

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    マネックスがコインチェックを買収視野に!?

    1月26日、仮想通貨XEMの巨額流出事件から、コインチェックは経営再建…

  2. 仮想通貨全般/経済

    世界資産レポート「若き億万長者は仮想通貨投資に興味がある」

    コンサルタント会社「Capgemini」(キャップジェミニ)による、ワ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    インド高額紙幣の無効、民衆大混乱!

    インドのモディ首相は、現在流通している高額紙幣を9日で廃止すると突如発…

  4. アルトコイン

    インド”Bitcoin”よりも”Ethereum”を…

    約半年の間、インドの仮想通貨愛好家はビットコインを超えてイーサリアム「…

  5. アルトコイン

    イーサリアム、2度のハードフォーク予告を公式告知

    イーサリアムのハードフォークが数日で行われる可能性が高い。「EIP…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    Binanceが緊急メンテナンス後、取引を再開
  2. アルトコイン

    ハッカーに盗まれたETCの移動が可能に!
  3. フィンテック

    最新の株価指数「Finteq指数」とは?
  4. ビットコイン(BTC)

    2014年と比べると2018年のビットコイン下落は短いものとなるだろう
  5. ビットコイン(BTC)

    億万長者のノヴォグラッツ氏、資産の10%は仮想通貨
PAGE TOP