仮想通貨全般/経済

革新的な仮想通貨決済に向けてICEがマイクロソフトやスターバックスと共にBakktを起業

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(Intercontinental Exchange、以後ICE)は、デジタル資産の購入、販売、支出のためのグローバルなプラットフォームを構築する意向であることが明らかになりました。

ICEはこのプラットフォームの創設を監督する新しい会社である「Bakkt」(バクト)を通じてこのベンチャーに着手する予定です。

Bakktは、米スターバックスやBCG(Boston Consulting Group)などの世界的な大手企業と提携し、デジタル資産の簡単な販売と購入を促進します。最初はビットコインの取引からですが、将来的にはより多くのデジタル資産と機能が組み込まれる予定です。
 

仮想通貨を主流に

新しいプラットフォームはマイクロソフトのクラウドソリューションによって強化され、ユーザーはデジタル資産の購入、販売、および使用するのに役立つと、ICEはプレスリリースで発表しています。

Bakktはボストンに拠点を置くコンサルティング大手BCG、マイクロソフト、スターバックスなどのプラットフォームを開発するためにいくつかの有力企業と提携する予定です。

近年、ブロックチェーン技術における投資家の関心が高まっていることから、この事業提携を行なうに至ったことを明かしており、信頼性と先進的な市場インフラストラクチャを活用して、セキュリティ資産と効率性を維持しながらトランザクションフローをサポートしながら、デジタル資産の進化と変化する投資家のニーズへの対応を支援するとしています。

スターバックスとの提携により、コーヒーチェーンは仮想通貨業界への最初の重要な進出となり、決済方法として仮想通貨の進歩に大きな役割を果たすでしょう。

スターバックスはモバイルペイメントのリーダーとして、1,500万人を超えるスターバックスリワード会員に支払いオプションを拡大するための革新に取り組んでいます。スターバックスは、仮想通貨を店舗で使えるように米ドルに変換するアプリを開発する計画だそうです。

ICEは米商品先物取引委員会(CFTC)の認可を待って、11月に同社の先物取引所および決済機関でビットコイン契約を立ち上げる計画です。

ICEによる新しいプラットフォームの構築は、保険会社、ヘッジファンド、年金などの機関投資家がビットコインや続いてアルトコインに重要な資本を投資できるように強い信用を与えるものとなるでしょう。
 
 
ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://nulltx.com/nyses-parent-company-to-launch-a-global-digital-assets-trading-platform/
NYSE’s Parent Company to Launch a Global Digital Assets Trading Platform

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨交換業16社が新組織発足。信頼回復目指す

    ライセンスを受けた日本の仮想通貨交換業者らが、市場の信頼を回復すべく結…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインキャッシュ、イーサリアムなど仮想通貨市場20%下落の価格調整

    ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムの価格が、仮想通貨市…

  3. 仮想通貨全般/経済

    Decentralized化する世界

    米大統領選でヒラリー・クリントンを倒してドナルド・トランプが選ばれた時…

  4. 仮想通貨全般/経済

    マイニング、日本国内でも収益化できる

    日本国内でのマイニングは、とにかく電気代が高いゆえに収益化するのは難し…

  5. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏「ビットコインは詐欺だと言ったことを後悔している」

    ジェイミー・ダイモン氏は、今現在、仮想通貨を「詐欺」と呼び、悪意のある…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ジンバブエの人々は世界との繋がりにビットコインを使用している
  2. フィンテック

    プラットフォームで国際送金ーーウェルズファーゴ、ANZ銀行
  3. アルトコイン

    MastercardなどがEEAに加盟 イーサリアムが大幅反発
  4. ビットコイン(BTC)

    投資家ビル・ミラー、資産の30%がビットコイン
  5. 仮想通貨全般/経済

    「詐欺サイト(?)BitDayにご用心」
PAGE TOP