ビットコイン(BTC)

米国投資家”ソフトな”ETFの代替商品「ETN」へ投資可能に

15日、米国人投資家をターゲットに、ビットコインベースの上場投資証券(ETN)がスウェーデンのナスダック・ストックホルム取引所に上場しました。

多くの投資家が待ち望んでいるビットコインETFの「ソフトな」代替手段となるビットコインETNは実は2015年より取引されていたのですが、15日からドル建てが上場したことにより、米国人投資家も投資可能となりました。ティッカーシンボルはCXBTF。

【ETFとETNの違い】
ETFは投信に投資するというものでしたが、ETNは証券に投資します。証券は発行体となる金融機関の信用力に基づいて発行され、ETFとは違って、裏付けとなる現物資産を持たないことが特徴です。裏付けがないので、ETFでは扱われていない投資対象にも投資できます。<「ETFの基礎知識」より>

ビットコイン・トラッカー・ワンと呼ばれるこの商品は、まだ技術的にリストされており、スウェーデンで取引されていますが、多くの人がこの最新の動きを米国の投資家の門戸になると考えています。

このETNを販売するコインシェアーズ・ホールディングスのライアン・ラドロフはこのように語っています。

ドルで投資しているすべての人が、これらの商品に投資出来るようになります。これまでは、ユーロまたはスウェーデンクナでの扱いしかありませんでした。米国の規制面での現状を考えると、これはビットコインにとって大きな勝利です。

ETNは資産に直接結びついているのではなく、銀行のような発行体が担う債券です。これは、実際に仮想通貨自体を保有して保管管理したくない人にとってはとても有効な商品です。

米メディアブルームバーグは「ETNは、グレイスケール社のビットコイン投資信託の代替案として投資家にアピールすることができる。」としています。

ETFの代替手段になりうるビットコインETNのドル建て取り扱い開始のニュースが好感されたのか、ビットコイン価格は上昇しています。


 

 
ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://cointelegraph.com/news/ripple-partners-with-three-crypto-exchanges-as-part-of-xrapid-solution
‘Soft’ Crypto ETF Alternative Now Geared Towards U.S. Investors, Says Bloomberg

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    今週のイーサリアム兄弟のトレンド

    ETHは長期的に$10と$14の間のラインを横ばいが続くトレンド。過去…

  2. ビットコイン(BTC)

    大手Ernst & Youngが来年からビットコイン払いを受領へ

    監査、税務、法務など幅広い業種を行う、国際的な大手事務所「Ernst …

  3. ビットコイン(BTC)

    2017年にビットコインが2,100ドルになる-サクソバンク

    投資銀行サクソバンクは2017年にビットコインがこれまでの最高値を更新…

  4. ビットコイン(BTC)

    iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

    ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、A…

  5. ビットコイン(BTC)

    日本初!ミニバンレンタカーの支払いにビットコイン決済機能を搭載

    沖縄でサービスを提供する「スピードレンタカー」と「ミニバンレンタカー」…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格は去年からもうすぐ4倍に

    2016年4月、ビットコインの価格は多くの取引所で平均420ドルの値を…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    まさか日本で預金封鎖?先人に学ぶ資産逃避
  2. フィンテック

    スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始
  3. アルトコイン

    ライトコインの価格が急上昇 1週間で36%増
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコインでスターバックスの支払いが可能に-進むキャッシュレス化
  5. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の…
PAGE TOP