仮想通貨全般/経済

BitMEXがオフラインのタイミングでビットコイン価格が急上昇

横ばいが続いていたこの2日間のビットコイン価格ですが、本日22日の朝に大きな動きがあありました。わずか1分間で300ドル高騰しました。

この事件はBitMEXの1分足で見ると、ちょうど朝10時(1:00UTC)にBTC価格が6,466ドルから6,745ドルに急上昇した際に発生し、直後6,899ドルのピークに達しました。本ブログを執筆時の16:30現在はBTC価格は6,668ドルとなっています。

仮想通貨市場における取引量が比較的少ないにもかかわらず、価格がこのような動きをしたことは、かなり不自然であることを示唆しています。

数十億ドル規模の取引が毎日行なわれている仮想通貨取引プラットフォームであるBitMEXが、予定されていたメンテナンスのためにオフラインになった瞬間に発生したためです。

このBitMEXのメンテナンスのためのサービス停止により、ビットコインをショートしていたユーザーは、このメンテナンス中にビットコイン価格が上がってしまったためにロスカットを強いられる事態となりました。

値下がりを期待してショートポジションをとっている場合、思惑とは逆に価格が上がってしまった場合には売りの持ち高を買い戻すことで決済が完了します。このショートポジションを解消(買い戻し)することをショートカバーと言い、今回の場合はBitMEXがオフラインのタイミングを狙った他の取引所で買い圧力が強まり、相場が反転してショートカバーが重なって価格が急騰したとされています。

BitMEXでショートポジションをとっていたユーザーからは、資産を失った!どうしてくれるのか!?というクレームが、BitMEXのツイッターアカウントに寄せられています。
 
 
ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://www.ccn.com/newsflash-bitcoin-price-spikes-near-6900-as-bitmex-goes-offline/
Newsflash: Bitcoin Price Spikes Near $6,900 as BitMEX Goes Offline

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    海外ファンドもビットコインに投資

    今月に入り順調に価格を上げてきているビットコイン。今現在日本円にして6…

  2. 仮想通貨全般/経済

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

    インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Mar…

  3. ビットコイン(BTC)

    韓国大統領府「今のところ韓国の仮想通貨取引は禁止しない」

    韓国のブルーハウス(アメリカでいうところのホワイトハウス)は11日、今…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのティンクオフ銀行、独自通貨の発行「準備はほぼ整っている」

    ロシアのティンクオフバンク(Tinkoff Bank)は独自の仮想通貨…

  5. 仮想通貨全般/経済

    米半導体メーカーNvidiaのCEOが悩むほどのマイニング需要

    米国を拠点とする半導体メーカーNvidia(エヌビディア)は先日、通期…

  6. 仮想通貨全般/経済

    送金手数料が無料!?リップルの技術を使った「Money Tap」がダウンロード開始

    本日4日、SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインがネット社会での決済手段となることを期待している」…
  2. ビットコイン(BTC)

    債券王、グロース氏 – 投資家の自衛策としてビットコインの魅力高まる…
  3. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンの発表に驚き「ビットコインの先物を検討」
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン財団設立者、シュレム氏が出所後に新事業
  5. アルトコイン

    ゴールドマンサックスビットコイン取引事業へ参入を検討
PAGE TOP