ブロックチェーン

山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い

「ごうぎん」の愛称で親しまれる山陰合同銀行は10日、仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」の実証実験を始めました。コンサルティング会社のOrb(オーブ、東京・新宿)が技術を提供。銀行本店内の社員食堂と売店で約3週間流通させて使い勝手や安全性を検証し「地域通貨」など新しいサービス導入につなげるのが目的。
 

[山陰合同銀行:]
株式会社山陰合同銀行(さんいんごうどうぎんこう、THE SAN-IN GODO BANK, LTD.) は、島根県松江市に本店を置く、山陰地方で最大規模の地方銀行。中国地方内では、岡山県と広島県に複数の店舗を展開。

20161111
(写真食堂で仮想通貨を使った支払い)
 
 
Orbはネット上の取引記録を利用者同士で共有するブロックチェーンを使う仮想通貨システム「スマートコイン」の開発を進めており、山陰合銀向けにシステムを構築して、有償で貸与したとのこと。
 
実験には約60人の行員が参加したそうで、利用者は事前に専用アプリを「iPhone」にダウンロードして使う。決済は食堂カウンターや売り場に設置した端末に「iPhone」に表示したQRコードをかざせば完了。

決済単位は「GOGIN・COIN(ごうぎんコイン)」で1コイン=1円。行員による取引の記録をその都度、Orbが使う複数のサーバーで承認する。取引記録も複数のサーバーに残し、データ送受信の安全性や決済の迅速さ、誤作動の可能性などを検証するのが狙いで、支払った代金は給与から天引きするというなんともスマートなシステム。

Orbの「スマートコイン」は買い物へのボーナスポイント付与やボランティア活動などのポイント化、有効期限の設定までもが可能だそう。実証実験の結果は地域独自のマネーを流通させて地域振興に役立てる「地域通貨システム」など銀行の新サービス開発に力をいれているようです。

今後も各銀行のブロックチェーンを使った実証実験が益々増えて行くことで、顧客にとって便利なサービスが生まれるといいですね。
 

出典:山陰合銀、仮想通貨を実験 社員食堂、安全性など検証
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09404460Q6A111C1LC0000/

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功

    先日よりお伝えしていたイーサリアムのハードフォークについて続報をお伝え…

  2. ブロックチェーン

    10年で銀行が無くなる?

    米ゴールドマン・サックスの計算で行けば、米国だけでも年間の人件費削減総…

  3. フィンテック

    楽天 三木谷氏×MIT – 伊藤氏 「Fintech革命に日本が取り残されないために」

    9月28日、東京で開催された楽天フィンテック カンファレンス2016で…

  4. ビットコイン(BTC)

    ETHとETCのメリットについてLet’s Talk Bitcoinで議論される

    イーサリアムハードフォークの発端はTheDAOがソースコードの欠陥を突…

  5. ブロックチェーン

    ビットコインの技術を活用した個人間売買、オートバックスが検証

    カー用品大手チェーンのオートバックスが、ブロックチェーン技術を使って個…

  6. ビットコイン(BTC)

    ハードフォークが再び行われる模様…

    これはデジャヴなんだろうか?イーサリアムの創始者、Vitali…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    スイスの街がビットコイン納税を発表
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン急上昇の謎
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインに不審な動き、謎の買い支えのうわさ
  4. ビットコイン(BTC)

    ハッカー集団がNSAの情報に対して身代金を要求
  5. ブロックチェーン

    ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討
PAGE TOP