ブロックチェーン

山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い

「ごうぎん」の愛称で親しまれる山陰合同銀行は10日、仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」の実証実験を始めました。コンサルティング会社のOrb(オーブ、東京・新宿)が技術を提供。銀行本店内の社員食堂と売店で約3週間流通させて使い勝手や安全性を検証し「地域通貨」など新しいサービス導入につなげるのが目的。
 

[山陰合同銀行:]
株式会社山陰合同銀行(さんいんごうどうぎんこう、THE SAN-IN GODO BANK, LTD.) は、島根県松江市に本店を置く、山陰地方で最大規模の地方銀行。中国地方内では、岡山県と広島県に複数の店舗を展開。

20161111
(写真食堂で仮想通貨を使った支払い)
 
 
Orbはネット上の取引記録を利用者同士で共有するブロックチェーンを使う仮想通貨システム「スマートコイン」の開発を進めており、山陰合銀向けにシステムを構築して、有償で貸与したとのこと。
 
実験には約60人の行員が参加したそうで、利用者は事前に専用アプリを「iPhone」にダウンロードして使う。決済は食堂カウンターや売り場に設置した端末に「iPhone」に表示したQRコードをかざせば完了。

決済単位は「GOGIN・COIN(ごうぎんコイン)」で1コイン=1円。行員による取引の記録をその都度、Orbが使う複数のサーバーで承認する。取引記録も複数のサーバーに残し、データ送受信の安全性や決済の迅速さ、誤作動の可能性などを検証するのが狙いで、支払った代金は給与から天引きするというなんともスマートなシステム。

Orbの「スマートコイン」は買い物へのボーナスポイント付与やボランティア活動などのポイント化、有効期限の設定までもが可能だそう。実証実験の結果は地域独自のマネーを流通させて地域振興に役立てる「地域通貨システム」など銀行の新サービス開発に力をいれているようです。

今後も各銀行のブロックチェーンを使った実証実験が益々増えて行くことで、顧客にとって便利なサービスが生まれるといいですね。
 

出典:山陰合銀、仮想通貨を実験 社員食堂、安全性など検証
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09404460Q6A111C1LC0000/

関連記事

  1. ブロックチェーン

    ブロックチェーンが証券市場に革命をもたらす – ドイツ銀

    ドイツ銀行が、今後の資本市場の動きを予想するレポートを発表。「数年以内…

  2. ブロックチェーン

    オーストラリア大手電力会社、ブロックチェーン電力売買の実証に着手

    オーストラリアの大手電力会社、ヴィーン・エナジーとカナダのブロックチェ…

  3. フィンテック

    iPhone次期バージョンがFeliCaに対応、17年からApple Payを開始へ

    米アップルはソニー子会社と組み、来年中に日本でスマートフォン(スマホ)…

  4. フィンテック

    みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立

    株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行、株式会社 メ…

  5. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功

    先日よりお伝えしていたイーサリアムのハードフォークについて続報をお伝え…

  6. ブロックチェーン

    ブロックチェーン推進協会 設立8ヶ月弱で加盟企業数が100社を突破

    ブロックチェーン技術の普及や情報交換などを行う業界団体「一般社団法人 …

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    リヒテンシュタイン、王室の富の回復に仮想通貨を検討
  2. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を…
  3. 仮想通貨全般/経済

    中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用
  4. アルトコイン

    Bitcoin Cash実行するもハッシュレート上がらず
  5. 仮想通貨市況

    イーサリアム、その他:5月30日の相場
PAGE TOP