仮想通貨全般/経済

仮想通貨市場が暴落なぜ? – Dash、NEO、EOS、IOTAは20%超下落

今週は快調なスタートを切った仮想通貨市場。市場が回復し、トレーダー達はこのまま回復基調が続く可能性を期待し始めていた。

しかし5日、仮想通貨市場は一日で全体の時価総額200億ドル以上も飛ばす暴落が起きた。

この痛んだ市場を癒す材料があれば良いが、今回の暴落の具体的な原因は分かっていない。

ただ、先日当ブログで触れたダークウェブの「シルクロード」に関連する1100億円分のBTCを保有するウォレットからBTCが大量に各取引所に分散されたのは事実。少なからず今回の暴落にこの巨額のBTCが関係している可能性もある。

巷ではゴールドマン・サックスが仮想通貨取引デスクを開設する計画を中止したと噂されているが、それだけでこの規模のクラッシュを市場に与えるとは考えにくい。

ポジティブに見れば、ビットコインやアルトコインの短期的な予測としては上昇トレンドであることから、これはブルトラップ(買い方の罠)である可能性もあると言えるか。

多くのアナリストは11月が仮想通貨にとって鍵となり、彼らの取ったポジションを越える可能性があると見ていると指摘。

今回なかでも大きく下落してしまったのはDash、NEO、EOS、IOTAで今日現在20%を超える大幅な下落となっている。

下落を他のコインと比較して低くとどめる事が出来たのはDogecoin(ドージコイン)の-5%、ビットコインは現在-12%となっている。

驚くべきことにビットコインダイヤモンドは5日急騰、本日も37%超の値上がりを見せているが、飛びつくのは禁物だ。

今週は7000ドル付近までビットコインの価格が戻るよう市場が回復することをただ願うばかり。

6月、7月、8月は、たいてい仮想通貨にとって強気な月であると考えられていたが、今のところ8月は唯一の平凡な月であった。第3四半期は今月末で終わるため、10月からの第4四半期が仮想通貨全体にとってより強力な四半期になることを願っています。
 
 

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。
 

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    国家独自のICO、エストニアが検討。世界初となるか

    エストニア共和国が国家による世界初のICOを検討していることがわかりま…

  2. ビットコイン(BTC)

    CMEビットコイン先物価格が初日取引で2万ドル超え

    本日18日、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループが入念に準備…

  3. 仮想通貨全般/経済

    サクソバンク「第2四半期、仮想通貨の強気相場のはじまり」の可能性

    デンマークに本拠を置く主要投資銀行、サクソバンク(Saxo Bank)…

  4. 仮想通貨全般/経済

    Decentralized化する世界

    米大統領選でヒラリー・クリントンを倒してドナルド・トランプが選ばれた時…

  5. 仮想通貨全般/経済

    「詐欺サイト(?)BitDayにご用心」

    ビットコイン(仮想通貨)の世界では詐欺サイトは、もはや珍しくありません…

  6. アルトコイン

    コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

    コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    決済大手Bitpayがビットコインキャッシュ導入発表でBCHが2000ドル超に
  2. ビットコイン(BTC)

    セキュリティソフトの生みの親ジョン・マカフィー 政治から一転ビットコインをマイニ…
  3. ビットコイン(BTC)

    イタリア政府、ビットコインを通貨として扱い課税する意向を示す
  4. アルトコイン

    サンタンデールとイーサリアムの架け橋
  5. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月18日の相場
PAGE TOP