仮想通貨全般/経済

ゴールドマン・サックスCFO「仮想通貨取引デスク開設計画中断はフェイクニュース」

5日夜から続く仮想通貨市場暴落の要因のひとつではないかと見られている、ゴールドマン・サックスの「仮想通貨取引デスク開設計画の中止」のニュースについて、同社CFOのMartin Chavez(マーティン・チャベズ)氏がこれを否定した。

ゴールドマン・サックスの「仮想通貨取引デスク開設計画中止」の件についての記事

CFOであるチャベズはサンフランシスコで開催されたTechCrunch(テッククランチ)のカンファレンスのステージでそれについて言及しました。

まさかこの言葉を自分自身が使うとは思ってもいませんでしたが、あれは”フェイクニュース”であったと明確にご説明しておかなくてはなりません。

さらに同氏は、ゴールドマンは現在ビットコインのデリバティブのような物をご提供できるよう尽力している。なぜなら「顧客がそれを欲しているから」としている。

デリバティブ;
株式・金利・為替(かわせ)などの原証券や通貨売買の在来の取引法から派生した、新しい金融商品。金融派生商品。

 

この報道が出回る前に、グレイスケール・インベストメンツのバリー・シルバート氏は、昨日のゴールドマンの仮想通貨取引デスク中止がフェイクニュースだと知っていたようで下記のように事前予告をツイッターで行なっていた。


「この午前中に知らせが出るだろう。乞うご期待。」
 


「これ」
 

そうつぶやいてCNBCのサンフランシスコ支部長であるSally Shin氏が報道はフェイクであったことを伝える下記のコメントをリツイートしている。


「ゴールドマンCFOがテッククランチにて、仮想通貨デスクの白紙の噂について—
“我々はよくこれについて報道されることが多く喜ばしいことですが、まさか自分がこのフレーズを使うとは思ってもみませんでした。あれは誤報であったと明確にご説明差し上げておかなければなりません”。」
 

そもそも取引デスクの計画は無かった!?

ゴールドマンCFOのチャベズ氏は6日、取引デスク計画白紙の噂を明確に否定したものの、そもそもが(仮想通貨)取引デスク開設計画に尽力などしていなかったことを明かした。

「恐らく、一部の人は我々の動きについて、ビットコイン市場を主体的かつ物理的なものにすることをかなり期待していたのかもしれません。しかし蓋を開けてみると革新の一部を見たものの具現化までは程遠いと知ったのかもしれません。」
 

難解で重要なカストディサービス

ゴールドマン・サックスは5月からCBOEとCMEが提供するビットコイン先物取引の清算をおこない、顧客に流動性を促している。

しかし現物のビットコインについてはそれほどまだ入り込んでいない。CFOのチャベズ氏は「弊社銀行が前に進むためには安全な保管方法(カストディサービス)が必要だ。」と述べた。

また「ビットコインの現物(を扱うことは)途方も無く興味深く、途方も無く難しい。」「保管の観点からは、ビットコインのための制度的な保護方法の解決策はまだ見当たりません。その存在には関心があり、それは長い道のりである。」と答えている。

ゴールドマンのような機関が市場に参入することは、間違いなく大きな価格上昇の材料となるのは明らかだ。しかし、ビットコイン(あるいはその他のコイン)が持つボラティリティ、セキュリティ、保管場所に関する問題が全て機関投資家の参入障壁となっている。

 
ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://www.cnbc.com/2018/09/06/goldman-sachs-cfo-calls-reports-of-shutting-down-crypto-desk-fake-news.html?__source=sharebar|twitter&par=sharebar
Goldman Sachs CFO says bank is working on bitcoin derivative for clients

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国、規制内容明らかに。仮想通貨の実名取引を1月30日から開始

    韓国は1月30日から、仮想通貨取引所に登録している仮想口座を、実名確認…

  2. 仮想通貨全般/経済

    Binanceが緊急メンテナンス後、取引を再開

    大手取引所のBinance(バイナンス)が4日、9時半ごろ、突如「緊急…

  3. 仮想通貨全般/経済

    ポロニエックスが認証IDの提出を求め、一部のアカウントで取引停止

    米大手仮想通貨取引所であるポロニエックス(Poloniex)は、アカウ…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン保有者に朗報。ステラが無料でもらえるかも!?

    6/23に書いたこの記事について、無料配布してもらえる取引所について一…

  5. 仮想通貨全般/経済

    マネックスがコインチェックを買収、子会社化

    インターネット証券大手のマネックスグループは6日、仮想通貨交換業者コイ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    韓国大手取引所ビッサムから約35億円が消えた

    韓国最大の仮想通貨取引所である「Bithumb」(ビッサム)は、韓国時…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    NY規制当局、Coinbaseのカストディサービスを承認
  2. 仮想通貨全般/経済

    マネックスがコインチェックを買収、子会社化
  3. ブロックチェーン

    10年で銀行が無くなる?
  4. ビットコイン(BTC)

    イタリア最大手のタクシー会社 – ビットコインでの支払いOK
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物取引、第3四半期で41%上昇
PAGE TOP