仮想通貨全般/経済

NY規制当局に認可された初のステーブルコイン2種誕生、ウィンクルボス兄弟の”ジェミニドル”

10日、ニューヨーク州金融当局(NYDFS)により承認された2つの新しい「ステーブルコイン」が発表された。ジェミニドル(GUSD)とパクソススタンダード(PAX)だ。

ステーブルコインと言えば、価格変動することなく一定の価値をほぼ保ち続けるということで「ステーブル=安定した」コインと呼ばれている。

中でも米ドルに裏づけ(ペッグ)されたTether(テザー/単位はUSDT)が有名だが、発行元のテザーは流通する同等数の米ドルを保有していないのでは?という疑いが以前持ち上がったきり、その問題は未だクリアにはなっていない。

▼テザーが新規発行するUSDTにより、Blockstream社の利益を損なわないようビットコインを買い支えているのでは?と噂された問題。


 

今回発表された2種のステーブルコインの重要なポイントは、規制当局から「承認」されたステーブルコインであるということ。テザーは承認を受けていない。

“規制当局に承認された”初のステーブルコイン

規制当局のDFSは、ジェミニ・トラストとパクソス・トラストに、それぞれ米ドルにペッグされた独自のステーブルコインを提供することを許可したことを発表した。

ジェミニドル(GUSD)パクソススタンダード(PAX)は、米国に所在するFDIC保険銀行で保有されている米ドルと、1対1で固定されたERC20トークンとされている。

DFSのマリア・T・ヴロ(Maria T. Vullo)監督は、「金融テクノロジー市場が進化し続ける中、ニューヨークは責任ある成長を確保しながらイノベーションを促進することにコミットしています。これらの承認は、企業が規制対象企業を保護し、消費者を保護する強力な国家規制枠組みの中で、コンプライアンスの変化と強力な基準を作成できることを示しています。」と述べている。

仮想通貨アナリストで投資家であり、フォーブスなどにもコラムを書くJoesph Young氏も、厳しい規制当局の審査を通過し、承認されたステーブルコイン誕生のニュースが仮想通貨業界をさらに磐石なものにすると期待を寄せている。

ウィンクルボスのステーブルコインは2018年のETFの件よりも仮想通貨にとって重要であると思う。なぜかって?信頼のおける保管は機関からの資本の流入を助長するだろう。(ETFの件は急がなくていい)

今の選択肢である(USDT、TUSD)は無認可である。ジェミニドルは米国で監査を受け、NYDFSによってライセンスが与えられたのだ。

 
 

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://news.bitcoin.com/new-york-regulator-approves-two-new-stablecoins-gemini-dollar-and-paxos-standard/
New York Regulator Approves Two New Stablecoins, Gemini Dollar and Paxos Standard

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが第2四半期に反発すると考えられる3つの理由

    今年、ビットコインにとってあまり良くないスタートを切りましたが、そろそ…

  3. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨決済サービスの規制枠組みが完成

    シンガポールの中央銀行は、仮想通貨を含む決済サービスのため国の新しい規…

  4. アルトコイン

    7月から仮想通貨への消費税廃止濃厚か

    以前より話題に上がっていた、仮想通貨に掛かる消費税を政府が廃止する動き…

  5. 仮想通貨全般/経済

    日本に350万人のトレーダー、仮想通貨界を牽引

    米タックスシーズンも終わり、市場には安堵の色が見え、本日仮想通貨市場は…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    独自仮想通貨「琉球コイン(仮)」沖縄で構想
  2. アルトコイン

    自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏曰く「2018年はビットコインキャッシュ…
  3. アルトコイン

    イーサリアムの価格が9ヶ月ぶり安値を更新
  4. アルトコイン

    DAOの恐怖再び?Parityのイーサリアムウォレットのバグで巨額の資産が凍結
  5. フィンテック

    キャンペーンのプレゼントにまでビットコインが採用される時代
PAGE TOP