ビットコイン(BTC)

11月5日はビットコインETFのターニングポイントになるのだろうか?

ビットコイン上場投資信託(ETF)問題は現在、ちょっとした溝にはまって身動きできないかのうようだ。申請は却下され、再提出するも米証券取引委員会 (SEC)によって可否判断期限が先延ばしにされ宙ぶらりんの常態だ。

ビットコインETFが承認されればビットコイン及び仮想通貨市場の発展材料になるのは間違いない。現時点で問題となっているのは、これらの承認にはまだまだ不確実性があるということだ。

たとえ承認が実現したとしても一体どこから提出された物にOKサインが出るのか?申請者は最終的には解放されETFを市場へ持ち込むことは出来るのだろうか?ビットコイン取引を支持するファンドはそろそろSECが可決してくれても良い頃だと考えている。

主な狙いは小売市場からより多くの投資家を呼び込むことだ。新たな投資家を呼び込む必要性については賛否が分かれている。それでも、ビットコインと仮想通貨業界を正当化するための唯一の方法だと多くの人が考えている。

ETF発案者や支持者はビットコインETFを承認してもらうことが正しいアプローチ方法だと考えている。なぜなら、

1.ETFは、現時点で稼動しているビットコイン取引所の大半とは異なり、使い慣れていて扱いやすいこと。
2.ETFは、現在の仮想通貨保管所の不確実な領域と、伝統的な銀行のより分かりやすいシステムとの間の架け橋となると考えらられること。

ビットコインETFプロバイダーと規制当局との戦いは、主に米国を中心に焦点が当てられている。SECの対応と拒否は、世の多くの注目を仮想通貨市場に集めることとなった。

しかし、米国のビットコインユーザーはスウェーデンがビットコインETN(上場投資証券)を上場し、既に前例を作っていることを無視してはいけないだろう。当然、SECはこれらのファンドでも米国人による取引を停止したわけだが、スウェーデンのような国はこれが出来ると証明している。しかしSECは拒否を続けている。
 

多くの申請者がトライし、失敗して再トライしている

現在審査中の案件が数多くあり、その多くは一度拒否されたことへの訴えだ。

SECは、夏にGraniteShares、ProShare、Direxion、Winklevoss兄弟からのビットコインETF申請を却下した。これらの企業の一部は、SECの決定を覆そうと躍起になっている。

SECは、VanEckとSolidXからの提案と、Coinbaseからの提案を検討している。Coinbaseは、最大の資産運用会社の1つであるBlackRockとETFを開発しようとしている。
 

今回、承認が下りる可能性は?

SECはスタンスをやや軟化させたので楽観的な余地が少しある。これまでに拒否された応募者には2度目のチャンスが与えられた事実からのスタートだ。

世論を審査の過程に取り入れる決定は、明るい兆しへのもう一つのステップだ。事実、SECはVanECkとSolidXに対する信頼についての1400を超える意見が寄せられていることは、そこには世の関心が寄せられているということだ。

また、SEC内からも支援の声がある。仮想通貨界隈では「クリプト・ママ」と呼ばれるSECコミッショナーのHestor Peirce氏は、過去のSECの取った対応(却下)が逆効果であると主張している。この声が他者に影響を与えた場合には、潮目が変わる可能性も秘めている。

しかし、SECが承認の可否判断期限を延期し続けているという事実を見過ごすことはできない。締め切りは、10月26日に予定されていた。しかしSECは現在、ビットコインETFの9件の提案を検討しており、その期限は11月5日になるのでは見られている。

SECの規制当局は、承認を延期する主な理由として、常にセキュリティリスクと仮想通貨のボラティリティを挙げている。今夏に多くの申請が失敗した理由の1つは、市場操作の問題であった。

1つの取引所に依存すると、そのような市場操作の危険にさらされる恐れがある。これらの新たな投資家は、鯨(大口投資家)の犠牲者になる可能性がある。しかしもし、現在のように市場がしばらく安定していれば良い方向に機能するだろう。
 

ビットコインETFの未来には何が待っているか

可能性が高いとされている11月5日の期限には、ICE独自のビットコインETF「Bakkt」への結果の時期が丁度やって来る。

Bakktは、インターコンチネンタル・エクスチェンジ、スターバックス、マイクロソフトの協力のおかげで、市場の主要プレーヤーになる可能性がある。もし、このビットコインETFが通過すれば、他の申請者に門戸を開くことができるのだ。

これはビットコインETFの問題が最終的に宙吊り状態から一般市民意識に転じる大きな転換点になる可能性がある。

ビットコイン推進派、評論家、投資家は大きな期待を胸に11月5日を待っている。

 
出典:https://icobench.com/thebench-post/91-will-november-5th-be-the-turning-point-for-bitcoin-etfs
Will November 5th Be The Turning Point For Bitcoin ETFs?

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    Baiduが全てのビットコイン関連の広告を禁止

    検索エンジンとウェブサービスを提供する中国大手企業Baiduが、先日全…

  2. ビットコイン(BTC)

    三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始

    三井住友海上保険が、ビットコイン取引所のbitFlyerと共同で取引所…

  3. ビットコイン(BTC)

    アップルのiMessageで国際送金が可能に

    P2Pを利用した決済アプリ「Circle Pay」が、iOS 10から…

  4. ビットコイン(BTC)

    2013年の下落と今のビットコインの値動きが別物?アナリストはホールド推奨

    ビットコインの最近の価格急落は、2013年のビットコインの下落と同じ類…

  5. ビットコイン(BTC)

    テザー下落により、ビットコインがBitfinexで7500ドルのプレミア価格に

    15日日本時間14時ごろからビットコイン価格が急激に上昇、Bitfin…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    WannaCryよりも脅威!Moneroマイニングマルウェア”Ady…
  2. ビットコイン(BTC)

    ベネズエラ、ビットコイン購入の波再び
  3. 仮想通貨全般/経済

    Bakktとフィデリティがビットコインの流動性問題を解決できるかもしれない
  4. ビットコイン(BTC)

    投資家が市場を慎重に観察、ビットコインは6300ドルへ下落
  5. アルトコイン

    ビットコインゴールドを利用した詐欺により300万ドルの被害発生
PAGE TOP