仮想通貨全般/経済

ゴールドマン・サックス、ビットコイン取引商品の案内を静かに始める

米大手投資銀行のゴールドマン・サックスは、限られた顧客に対してまだ発売されていないビットコインのデリバティブ商品の契約の案内をゆっくりと始めているという。

このニュースの情報源であるThe Blockは、「149年の歴史を持つこのバルジ・ブラケット(一流投資銀行群)銀行はデリバティブ商品を頻繁に取引へ向けて「少数の顧客」に対してサービスの紹介を始めていることをリポートしている。これは先物決済同様の現金決済商品であり、取引所では取引されない。

さらに、同社は仮想通貨資産のカストディサービス開始の検討も引き続き行なっている。
 

その他の大手ファームの仮想通貨に関する動き

現在、ビットコインデリバティブは、オプション取引所CMEおよびCBOEを含むいくつかの規制された米国の取引プラットフォームで利用可能である。両社は、現金決済のビットコイン先物取引を提供しており、将来的に投資家への仮想通貨商品の提供は拡大すると考えている。

CBOEは、仮想通貨デリバティブ市場においてリーダーとしての地位を維持したいとの願いを表明したが、CMEはイーサリアムの基準レートを発表するも、公式声明では仮想通貨業界についてそれほど熱がこもってはいなかった。

現在、ビットコイン製品群を提供している機関向けの仮想通貨デリバリティブ・プラットフォームであるLedgerXは、コモディティ先物取引委員会(CFTC)の承認を待っており、イーサリアムのサポートを構築しているとも伝えられている。

一方、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の所有者によって開始された仮想通貨スタートアップのBakktは、12月12日に取引を開始する予定のビットコイン先物商品の準備を進めている。

CMEとCBOEで利用可能な契約とは異なり、Bakktのビットコイン製品は現物のビットコインに裏づけされ、契約が満了すると実際のビットコインで決済される。
 
 
出典:https://www.ccn.com/goldman-sachs-is-signing-up-customers-for-its-bitcoin-trading-product-report/
Goldman Sachs is Signing up Customers for its Bitcoin Trading Product: Report

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国サムスンがビットコインのASIC事業に参入

    韓国サムスン電子(Samsung)は29日、台湾の半導体受託生産最大手…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ

    まもなく6月に迫ったロシアワールドカップ。観戦に訪れるサッカーファンは…

  3. ビットコイン(BTC)

    Zaifの説明と、21億BTCを0円で購入者との説明に食い違い

    仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロは20日、16日に発…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ニュージーランドの取引所クリプトピアにハッキング被害か!?

    15日、日本時間17時頃、ニュージーランドを本拠とする仮想通貨取引所「…

  5. 仮想通貨全般/経済

    露プーチン大統領「ブロックチェーン、遅れを取るわけには行かない。」

    ロシアのプーチン大統領は、ブロックチェーン技術を必要としており、ロシア…

  6. 仮想通貨全般/経済

    銀行は規制が整い、仮想通貨に投資する機会を待っている

    金融ジャーナリストのRebecca Harding(レベッカ・ハーディ…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    イーサリアムクラシック、コインベース上場発表で25%急騰
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物取引、第3四半期で41%上昇
  3. ビットコイン(BTC)

    三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始
  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格は去年からもうすぐ4倍に
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン急上昇の謎
PAGE TOP