仮想通貨全般/経済

ゴールドマン・サックス、ビットコイン取引商品の案内を静かに始める

米大手投資銀行のゴールドマン・サックスは、限られた顧客に対してまだ発売されていないビットコインのデリバティブ商品の契約の案内をゆっくりと始めているという。

このニュースの情報源であるThe Blockは、「149年の歴史を持つこのバルジ・ブラケット(一流投資銀行群)銀行はデリバティブ商品を頻繁に取引へ向けて「少数の顧客」に対してサービスの紹介を始めていることをリポートしている。これは先物決済同様の現金決済商品であり、取引所では取引されない。

さらに、同社は仮想通貨資産のカストディサービス開始の検討も引き続き行なっている。
 

その他の大手ファームの仮想通貨に関する動き

現在、ビットコインデリバティブは、オプション取引所CMEおよびCBOEを含むいくつかの規制された米国の取引プラットフォームで利用可能である。両社は、現金決済のビットコイン先物取引を提供しており、将来的に投資家への仮想通貨商品の提供は拡大すると考えている。

CBOEは、仮想通貨デリバティブ市場においてリーダーとしての地位を維持したいとの願いを表明したが、CMEはイーサリアムの基準レートを発表するも、公式声明では仮想通貨業界についてそれほど熱がこもってはいなかった。

現在、ビットコイン製品群を提供している機関向けの仮想通貨デリバリティブ・プラットフォームであるLedgerXは、コモディティ先物取引委員会(CFTC)の承認を待っており、イーサリアムのサポートを構築しているとも伝えられている。

一方、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の所有者によって開始された仮想通貨スタートアップのBakktは、12月12日に取引を開始する予定のビットコイン先物商品の準備を進めている。

CMEとCBOEで利用可能な契約とは異なり、Bakktのビットコイン製品は現物のビットコインに裏づけされ、契約が満了すると実際のビットコインで決済される。
 
 
出典:https://www.ccn.com/goldman-sachs-is-signing-up-customers-for-its-bitcoin-trading-product-report/
Goldman Sachs is Signing up Customers for its Bitcoin Trading Product: Report

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場、3650億ドルに到達。強気相場の始まりか?

    今週CCNが仮想通貨市場が3500億ドル規模にむけて続伸、注目を集めて…

  2. アルトコイン

    XEM、COMSAのICOトークンにフィスコなどVC3社が直接投資を発表

    テックビューロ社が、日本発のICOプラットフォームCOMSAを発表した…

  3. 仮想通貨全般/経済

    韓国の若年層が最も仮想通貨への投資が活発

    今週発表されたアンケート調査によると20代の韓国人の多くが仮想通貨に投…

  4. 仮想通貨全般/経済

    15年ぶりの中国人民銀行総裁はビットコインに好意的

    中国の中央銀行である中国人民銀行は、15年ぶりに新総裁を迎えました。新…

  5. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨は今が買い時なのか!?

    昨日は仮想通貨時価総額ランキングトップ100が、ほぼ真っ赤になってしま…

  6. ビットコイン(BTC)

    ステラ無料配布の混乱!結局もらえるの?もらえないの?

    先日、BTC(またはXRP)保持者で条件を満たした者には、ステラからX…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    イタリア政府、ビットコインを通貨として扱い課税する意向を示す
  2. ビットコイン(BTC)

    カナダのカフェ11店舗にビットコインATMを設置
  3. ビットコイン(BTC)

    金とビットコイン-2017年もビットコインに軍配か
  4. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨関連法4月1日に施行
  5. ビットコイン(BTC)

    北朝鮮、韓国のビットコイン取引所Youbitをハッキングした疑い
PAGE TOP