フィンテック

ソラミツ、楽天証券ブロックチェーン技術で共同開発開始

ソラミツ、楽天証券は8月23日、ブロックチェーン技術を利用した本人確認(KYC:Known Your Customer、金融機関の本人確認手続き)システムの共同開発を開始したと発表した。

KYCとは、主に銀行に新規口座を開設しようとする個人・企業が実在するかどうかを確認するための手続きを指す。実在しない個人・企業の口座がマネーロンダリングやテロ資金口座に使われることを防ぐため、各国政府が銀行に対してKYCの厳格化を要求し、KYCの不備についての罰則を強化する動きがある。国内では、犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)により、マネーロンダリング/テロ資金供給防止の目的で、金融機関や不動産・貴金属・宝石取扱事業者、弁護士/公認会計士などに、本人確認や取引記録保存などを義務付けている。

ソラミツは、ブロックチェーンを使って、犯罪収益移転防止法の規制対象になる特定事業者間で顧客のアイデンティティ(口座開設情報、住所などの更新、国内外への送金履歴)を共有するシェアリングエコノミーを開発中だ。今回は、楽天証券と共同で、このシェアリングエコノミーの要素技術の研究開発、既存システムとの融合、本格展開に向けた課題整理に取り組むとしている。

http://japan.zdnet.com/article/35087879/

関連記事

  1. ブロックチェーン

    2017年はブロックチェーン本格始動の年になる!?

    2017年が「ブロックチェーン本格始動の元年」となる気配が濃厚であるこ…

  2. ブロックチェーン

    SBIホールディングスが新送金システム構築に向けて

    SBIホールディングスと、その子会社のSBI Ripple Asiaが…

  3. フィンテック

    「ロボアド」をご存知ですか?

    近年、注目度が上昇しているロボットアドバイザー(ロボアド)。東海東京証…

  4. フィンテック

    最新の株価指数「Finteq指数」とは?

    現在、株価指数は、世界各国で導入され、それぞれの国の経済状況を知る上で…

  5. ブロックチェーン

    ロシア、日本がクリル諸島で共同仮想通貨政策を検討

    ロシアと日本が、共同でクリル諸島にて仮想通貨推進プログラムを展開する可…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    「LINE」が仮想通貨取引所を7月にもスタート
  2. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン、オルトコイン:5月28日の相場
  4. ビットコイン(BTC)

    11月5日はビットコインETFのターニングポイントになるのだろうか?
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが遂に10万円を超える
PAGE TOP