アルトコイン

カナダのテクノロジーラボ–イーサリアム用身分確認システム開発中

国際大手情報企業、トムソン・ロイターがカナダのトロント金融タワー内にテクノロジーラボを開設するほか、ブロックチェーン・プラットフォームの開発に着手するなど、精力的に新分野への進出に取り組んでいる。

その名は「トロント・テクノロジー・センター(TTC)」といい、カナダの金融地区にそびえ立つ、30階建ての高層ビル、ブレムナー・タワー内にオープンする予定だそうです。

イーサリアム用身分確認システム「ブラックワンID」も開発中

TTCの開設目的は、コグニティブ・コンピューティング(コンピューターが自己学習した内容に基づき、大量のデータを瞬時に分析するシステム)、ビジュアライゼーション(可視化情報化)、ユーザーエキスペリエンス、クラウド開発など、最先端のテクノロジーに焦点をあてた研究を進めること。最終的には1500人もの技術者の雇用を計画していて大規模になりそう。

「TTCの誕生がカナダにおける革命ハブの、さらなる成長促進に貢献する」

とスミスCEO曰は確信している。

開発者がブロックチェーン・データにアクセスし、身分確認を行うことが可能なプラットフォーム「ブラックワンID」の開発も同時進行させている。「ブラックワンID」はイーサリアム用のプラットフォームとして開発されており、ウォレットの安全性を高める役割を果たす。

多くの企業が自らの分野とテクノロジーを融合させ、さらなる可能性を開拓している近年、トムソン・ロイター社がブロックチェーン技術を最大限に活用し、最先端の国際大手情報会社としてトップを走るのは間違いなさそうで、イーサリアムベースのセキュリティー技術開発にも期待が膨らみます。

出典:トロントの金融タワー内にテクノロジーラボ開設
https://fintechonline.jp/archives/100725

関連記事

  1. アルトコイン

    盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダーの元へ返還開始

    本日8月31日10時頃から、盗まれたイーサリアムがETCとしてホルダー…

  2. ブロックチェーン

    SBIホールディングスが新送金システム構築に向けて

    SBIホールディングスと、その子会社のSBI Ripple Asiaが…

  3. アルトコイン

    Xapo、大手企業はビットコインキャッシュ、またはイーサリアムに移行する可能性を示唆

    昨日11月12日は日曜日でしたが、ゆっくりと過ごせずにモニターにかじり…

  4. ブロックチェーン

    世界初ブロックチェーン国際貿易取引に成功。英バークレイズ銀行とイスラエルのWaveが提携

    英バークレイズ銀行とイスラエルのスタートアップ、Waveが、世界初のブ…

  5. アルトコイン

    コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

    コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2…

  6. アルトコイン

    ロジャー・バー「仮想通貨資産の大半をビットコインキャッシュで保有している」

    ビットコインのアーリーアダプターとして仮想通貨界に広く知られ「ビットコ…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    経済危機のジンバブエ、取引所でビットコインが7200ドルに急上昇
  2. ビットコイン(BTC)

    イタリアではタクシーの決済をビットコインで
  3. フィンテック

    フィンテック関連の株に注目
  4. 仮想通貨市況

    ビットコイン:6月6日の相場
  5. フィンテック

    韓国のサムスングループもフィンテック事業に乗り出した!?
PAGE TOP