ビットコイン(BTC)

ビットコイン、1万ドルのラインをテストするまでに回復

ビットコイン市場は16日、9000ドルのレジスタンスラインを打ち破ったあと、主要取引所では10000ドル台を試す動きを見せ、取引量が増加しました。

思えば2月6日に直近最安値である6000ドル台まで下落してから、わずか10日でここまで回復したとは驚きです。

ここ数週間の下落トレンドの間では、1月初めの17000ドルから、2月6日の6000ドル以下の低水準まで下落。12月17日の約19700ドルの過去最高値と比較すると、6000ドルまでの下落は約70%の損失となっていました。

ビットコインは1万ドルのラインをテストしている

ビットコインは昨日は強気なチャートを形成しており、9000ドル付近でレジスタンスラインを突き破る前に、4時間足で見ると逆三尊(ヘッドアンドショルダーボトム)の形を描いています。

強い回復のサイン

最高値と底値の高低差の23.6%程度を、超えて回復してきた勢いを見て、多くのトレーダーが、このまま強気な動きをビットコインが見せるのであれば、重要な下降トレンドライン(高値の部分を結んだライン)もすぐに試す展開になるかもしれないと考えています。

 

週足を確認すると、RSIは2017年中旬以降、初めてこのように下回った数字を示した後、20%に向けて上昇を試そうとしているのが見られます。

RSIは、50%を中心として0~100%の範囲で推移し、上昇局面に入ると数値が50%以上で推移し、下降局面に入ると数値が50%以下で推移します。
通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断されます。

 

Cryptocompareのデータに寄ると、日本の市場が圧倒的に支配しており、過去24時間に世界的に取引されたBTCの総量の51%以上を占めるのが、JPY / BTC取引です。 USDとUSDTの取引は、世界取引総額の約37%を占めると推定され、EUR / BTCの貿易はわずか5%未満と見られています。

韓国の規制当局が韓国市場に及ぼした影響は大きく、過去24時間に取引されたBTCのうち、ウォン建ての取引は3.5%に過ぎず、シェアを大幅に縮小していようです。

出典:https://news.bitcoin.com/markets-update-bitcoin-recovers-test-10000-area/
Markets Update: Bitcoin Recovers to Test $10,000 Area

 
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    Poloがニューハンプシャーの居住者を一時的に凍結!!

    Poloniex(大手暗号通貨取引所)は公式サイトにて、ニューハンプシ…

  2. ビットコイン(BTC)

    Mt.Goxの仮想通貨売却でビットコインが再び2018年安値に

    ビットコインの価格は、2月6日に今年の最安値67万円台を底打ちしたあと…

  3. ビットコイン(BTC)

    スナップチャットの初期投資家 – ビットコインは2030年までに50万ドルになる

    「スナチャ」の愛称で知られるソーシャルメディアアプリ(画像共有アプリ)…

  4. ビットコイン(BTC)

    ハードフォークが再び行われる模様…

    これはデジャヴなんだろうか?イーサリアムの創始者、Vitali…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで決済出来るお店がじわじわ増えてきている!

    オンラインスーパーの「Touch mall」などでビットコインの決済が…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格6700ドルを下回り、時価総額全体で3000億ドルを切る

    日曜日10日、大きな売りで二桁のパーセンテージの下落が起こり、ビットコ…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨市況

    ビットコイン価格再び1万ドル突破。取引量は依然少なめ
  2. ブロックチェーン

    Vitalik Buterin氏、ETCがETHの価値を上回ったとしてもサポート…
  3. アルトコイン

    ICO相次ぎ買い殺到でイーサリアムが下落
  4. ビットコイン(BTC)

    CMEは12月11日にビットコイン先物取引開始か
  5. ビットコイン(BTC)

    ピーチ航空 ビットコインでの支払い受け入れ
PAGE TOP