仮想通貨全般/経済

熊本電力が新規マイニング事業を立ち上げ

20日熊本電力は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし、仮想通貨「マイニング事業」を行う関連会社のOZ(オズ)マイニング株式会社(本社:東京都港区)を設立したと発表しました。

同社によると、地域新電力のマイニング参入は初めて。
 

低コストランニング

熊本電力から業界最安水準、1kwhあたり10円台~(※供給エリアや契約種別や季節により異なる。)の安定した電気の供給を受けられるそうです。

顧客応じて、データセンター型のマイニング施設(マイニングファーム)や、電力があればどこにでも設置できるコンテナ型のマイニング施設を構築予定です。

太陽光発電の出力抑制対策


モルガン・スタンレーの調査によると、ビットコインなど仮想通貨マイニングに必要な電力は今年、最大140テラワット時に達する公算があるとして、世界の総消費電力の0.6%に相当するとの見方も出ています。「仮想通貨の値上がりが続けば、マイニングのための消費電力も世界で増えるだろう」と予想しています。

九州は日本で最も太陽光発電が盛んな地域として知られる一方で、太陽光発電所が増加し続けると昼間だけが過剰発電となるため、既存の発電所が出力調整に尽力しています。調整がうまくいかない場合は停電になることもあり、これを避けるために太陽光発電所への出力抑制が検討されています。

その対策として、出力を抑制する間の余剰電力をマイニングへと振り向けることで、余剰電力のムダを省くことができます。余剰電力を有効に利用できるとあって、マイニング事業は出力制御には最適だと言えそうです。

熊本電力ならびにオズマイニングは、仮想通貨関連事業を推進することで、事業領域を拡大し、更なる企業価値の向上を図ってまいります。

と締め括っています。

 
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ

    中国の中央銀行である中国人民銀行が2014年に結成した研究グループが、…

  2. 仮想通貨全般/経済

    Bitfinex、11月9日までに米国ユーザーへのサービスを終了

    香港の大手取引所Bitfinexは、11月9日から全ての米国在住の顧客…

  3. 仮想通貨全般/経済

    Bitfinexハッキング問題後の市場状況

    Bitfinexのハッキング問題から一夜明け、ビットコイン…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ

    まもなく6月に迫ったロシアワールドカップ。観戦に訪れるサッカーファンは…

  5. 仮想通貨全般/経済

    Bakktとフィデリティがビットコインの流動性問題を解決できるかもしれない

    この一週間でビットコインの価格は35%超下落した。そして仮想通貨業界へ…

  6. ビットコイン(BTC)

    CMEビットコイン先物取引、12月18日までに開始か

    先日よりお伝えしております、CMEグループが予定しているビットコインの…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国最大のビットコイン取引所がイーサリアム・クラシックによる取引を開始―手数料は…
  2. ビットコイン(BTC)

    「Segwit2x」11月のハードフォーク中止
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコインで決済出来るお店がじわじわ増えてきている!
  4. フィンテック

    仮想通貨関連の職種、下落市場にも関わらず依然として関心強い
  5. 仮想通貨全般/経済

    エストニア、謎のマイニングファーム200億円のICOを募る
PAGE TOP