仮想通貨全般/経済

オーストラリア1200箇所のニューススタンドでビットコインとイーサリアムを販売中

オーストラリアに居る仮想通貨ホルダーは、国内にある1200箇所に及ぶニューススタンドでビットコインとイーサリアムを購入できるそうです。

国内の仮想通貨取引所である「Bitcoin Australia」と支払いプロバイダーである「Blueshyft」との新たなパートナーシップにより、時価総額上位2位までにあたるビットコインとイーサリアムを、オーストラリアの1200のニューススタンド(日本で言うキオスクのような商店)にて購入できる設備が用意されています。

購入するには、Eメールと携帯電話番号を入力して、デジタルウォレットをダウンロードする必要があります。ユーザーはiPadを介してニュースエージェントに表示されたQRコードをスキャンし購入を行い、5%の手数料で取引を完了することができると、9Financeが明らかにしました。おおよそ平均して20分以内にウォレットに購入した仮想通貨が反映されるそうです。

Bitcoin Australiaの最高経営責任者Rupert Hackett氏は、Australian Financial Reviewのインタビューにおいて、「ニューススタンドで仮想通貨を販売する動きは、デジタル商品を、古くから存在するニューススタンドへの導入するということは一種の”民主化”であった。」と述べています。

ニュースエージェントを使用することは、投資家が仮想通貨を購入することを、利便性と信頼を持って消費者に提供できる方法なのです。

CCNが2016年の中頃にリポートした際には、最初はビットコインのみの購入から始まりましたが、近年はイーサリアムの人気により、OTC取引されるようになりました。

「昔はイーサリアムについて学んでいたか、もしくは既にビットコインを購入したことがある(ごく一部に限られた)人達だけが(イーサリアムを)知っていた。だが、近年は仮想通貨についての認知度が広まり、ビットコインよりも安い価格で購入できることが購買意欲を掻き立てている。」といいます。

このようなビットコインとイーサリアムのOTC取引は、デジタル時代における、ニューススタンドの新たな収入源となり、また仮想通貨が一般に広く知られる助長となるでしょう。

 

出典:https://www.ccn.com/1200-australian-newsstands-now-selling-bitcoin-ethereum/
1,200 Australian Newsstands are Now Selling Bitcoin and Ethereum

 
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    マネックスがコインチェックを買収視野に!?

    1月26日、仮想通貨XEMの巨額流出事件から、コインチェックは経営再建…

  2. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない

    シンガポール通貨庁の責任者は、シンガポールにはビットコインなどの仮想通…

  3. 仮想通貨全般/経済

    SBI Ripple Asiaコンソーシアムを利用した詐欺セールスに注意喚起

    SBI Ripple Asia が事務局を務める「国内外為替の一元化検…

  4. ビットコイン(BTC)

    BitcoinTalk.orgの顧客データベースがDarkWebにて売りに出される

    これらは2015年にハッキングされたものだが、最近になってそれが発覚し…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマンも出資するサークル、アジア進出に向け100人雇用

    決済サービスを行なうフィンテックのスタートアップ企業であるサークル(C…

  6. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン取引を日本に移す中国人投資家-中国報道

    中国メディアの澎湃新闻は14日、ビットコインの取引量で世界最大だった中…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ポロニエックスが認証IDの提出を求め、一部のアカウントで取引停止
  2. ビットコイン(BTC)

    ショップサーブ ネットショッピングでビットコイン決済を標準搭載
  3. フィンテック

    増加をたどるクラウドファンディング
  4. フィンテック

    みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立
  5. ビットコイン(BTC)

    カナダ人のビットコイン保有者58%が投資目的
PAGE TOP