アルトコイン

SBIホールディングス、台湾のコールドウォレット事業に40%出資

大手金融サービスのSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX Ltd.(クールビットエックス)に出資したことを発表しました。

SBIの仮想通貨とブロックチェーンの両方向へ関心は高まりを見せており、今回の非公開の投資では40%を出資比率としており、CoolBitX社のほぼ半分のオーナーシップを得たことになります。
 
CoolBitX社は台湾で仮想通貨を保管・管理するためのコールドウォレットの開発および販売を行っています。(コールドウォレットとは、インターネットとは切り離して保管するウォレットのことを指します。)

主な製品として「CoolWallet」を製造しており、 これはBluetooth経由でデバイスと通信できるクレジットカードに似たハードウェアウォレットです。

SBIグループは、国内初の銀行主体の仮想通貨取引所の開設、マイニング事業、独自仮想通貨の発行計画など、仮想通貨業界での幅広い事業展開に向けて準備しています。今回のCoolBitX社との資本提携により、一層のセキュリティ高度化を目指すのがねらいだと思われます。

同グループは現在、リップルの技術を生かした大規模な試みを、ほとんどが日本を拠点としている約60の銀行を含む大手ベンチャーに先駆けて行っています。

リップルに関しては、韓国のウリ銀行(Woori Bank)は、今年末までにリップルベースの送金を商業化する予定であると発表しました。一方で、同社は2月27日にセキュリティを強化する必要性を挙げて、独自の仮想通貨発行の開始を延期しています。

 

出典:https://cointelegraph.com/news/japans-finance-giant-sbi-buys-40-of-taiwanese-crypto-hardware-wallet-company
Japan’s Finance Giant SBI Buys 40% Of Taiwanese Crypto Hardware Wallet Company

 
リップル(XRP)はビットフライヤーでも購入できます。  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインがネット社会での決済手段となることを期待している」

    非常に良く知られた企業の重役の一人であるジャック・ドーシー氏は御馴染み…

  2. ビットコイン(BTC)

    ハッカー集団がNSAの情報に対して身代金を要求

    The Shadow Brokersと呼ばれるハッカー集団が、米国家安…

  3. 仮想通貨全般/経済

    革新的な仮想通貨決済に向けてICEがマイクロソフトやスターバックスと共にBakktを起業

    ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェ…

  4. ビットコイン(BTC)

    中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で

    10月12日の北京で、国際電気通信連合(ITU)と中国社会科学アカデミ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    韓国の財務次官「仮想通貨はフィアット通貨の脅威となる可能性がある」

    韓国の戦略金融財務次官であるキム・ヨンジン(Kim Yong-jin)…

  6. アルトコイン

    英Wirexのカードでイーサリアム支払いが可能に

    ロンドンに本拠地を置き、英国の電子マネーライセンスを獲得し企業アップを…

過去記事

新着記事

  1. フィンテック

    フィンテック関連の株に注目
  2. ビットコイン(BTC)

    承認待ちのBakktビットコイン先物取引にまもなく出るGOサインと有名トレーダー…
  3. アルトコイン

    ヴィタリック氏、イーサリアムの発行上限を設けることを提案
  4. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのプーチン大統領、仮想通貨について異例のコメント
  5. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破
PAGE TOP