アルトコイン

SBIホールディングス、台湾のコールドウォレット事業に40%出資

大手金融サービスのSBIホールディングスは2日、台湾で仮想通貨のコールドウォレット事業を展開するCoolBitX Ltd.(クールビットエックス)に出資したことを発表しました。

SBIの仮想通貨とブロックチェーンの両方向へ関心は高まりを見せており、今回の非公開の投資では40%を出資比率としており、CoolBitX社のほぼ半分のオーナーシップを得たことになります。
 
CoolBitX社は台湾で仮想通貨を保管・管理するためのコールドウォレットの開発および販売を行っています。(コールドウォレットとは、インターネットとは切り離して保管するウォレットのことを指します。)

主な製品として「CoolWallet」を製造しており、 これはBluetooth経由でデバイスと通信できるクレジットカードに似たハードウェアウォレットです。

SBIグループは、国内初の銀行主体の仮想通貨取引所の開設、マイニング事業、独自仮想通貨の発行計画など、仮想通貨業界での幅広い事業展開に向けて準備しています。今回のCoolBitX社との資本提携により、一層のセキュリティ高度化を目指すのがねらいだと思われます。

同グループは現在、リップルの技術を生かした大規模な試みを、ほとんどが日本を拠点としている約60の銀行を含む大手ベンチャーに先駆けて行っています。

リップルに関しては、韓国のウリ銀行(Woori Bank)は、今年末までにリップルベースの送金を商業化する予定であると発表しました。一方で、同社は2月27日にセキュリティを強化する必要性を挙げて、独自の仮想通貨発行の開始を延期しています。

 

出典:https://cointelegraph.com/news/japans-finance-giant-sbi-buys-40-of-taiwanese-crypto-hardware-wallet-company
Japan’s Finance Giant SBI Buys 40% Of Taiwanese Crypto Hardware Wallet Company

 
リップル(XRP)はビットフライヤーでも購入できます。  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. アルトコイン

    XEM、COMSAのICOトークンにフィスコなどVC3社が直接投資を発表

    テックビューロ社が、日本発のICOプラットフォームCOMSAを発表した…

  2. アルトコイン

    CMEグループ、イーサリアム先物取引所と提携しプライス・インデックスを提供開始

    シカゴ・マーカンタイル取引所(CMEグループ)は、12日に「イーサリア…

  3. アルトコイン

    イーサリアムが高値の記録を更新 この24時間で40%の値上がり

    2017年は今のところ暗号通過の投資家にとって素晴らしい年となっている…

  4. ビットコイン(BTC)

    (悲報)XAPOデビットカードが突然の中止を発表

    当ブログでもご紹介していたXAPOのカード。ビットコインをチャージして…

  5. アルトコイン

    真のビットコインはたったひとつ。今までのフォーク、これからのフォーク。

    最近、ビットコインネットワークの様々な「フォーク」について、特に仮想通…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    海外投資会社「eToro」がイーサリアムクラシックを追加
  2. ブロックチェーン

    ヴィタリック氏曰く、中央銀行は独自のデジタル通貨を作る能力がない
  3. ビットコイン(BTC)

    Zaifの説明と、21億BTCを0円で購入者との説明に食い違い
  4. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月11日の相場
  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物開始後、強気のビットコインは価格が上昇
PAGE TOP