仮想通貨全般/経済

15年ぶりの中国人民銀行総裁はビットコインに好意的

中国の中央銀行である中国人民銀行は、15年ぶりに新総裁を迎えました。新総裁は易綱(イーカン)氏であり、60歳手前となる際にコメントした内容から判断すると、彼は仮想通貨に対して問題なく好意的であるようです。

ビットコインや他の仮想通貨に対する彼の積極的な姿勢は、中国内での仮想通貨の明るい未来を思わせるようです。
 

易綱氏の総裁就任に期待が寄せられる

3月19日、中国人民代表大会にて、中国人民銀行総裁を15年にわたって務めた周小川(チョウシアオチョワン)氏が退任し、後任に易綱(イーカン)副総裁が昇格する人事が決まりました。

易氏はすでに副総裁を前任していたため、これは驚くべき人事ではなかったようで。総裁の役割を辞任した周氏は、自由党総裁として広く認められており、前任者が中断したところで易氏が継続する可能性は高かったようです。

易氏は以前にはビットコインについて積極的に発言したこともあり、それを「刺激的」「啓発的」と言った言葉で表現しています。

彼は中国市民がオンライン上で、為替の売買とは一線を画す、ビットコインの売買を行なうことを好意的に感じているようです。

2016年のG20サミット中には、ブロックチェーン技術についての積極的な発言も行いました。
 

新しい時代に向けての前進となるか?

「イーカン新総裁は、仮想通貨に対しての先進的な考えを持っているようだ。」と指摘するのは、仮想通貨をテーマとした動画配信を行い、19万人以上のチャンネル登録者数を持つ「Boxmining」です。

資産保有に基づく世界最大の中央銀行の総裁として、彼は今から自分の発言が影響を及ぼすため、言葉選びを慎重に考えているでしょう。

易氏の経済改革の支持と仮想通貨への好意的な姿勢からして、この新総裁の誕生は、中国における仮想通貨への新しい規制アプローチの可能性を示し得るものでしょう。

  

出典:https://www.ccn.com/bitcoin-provides-freedom-says-new-pboc-chief-as-china-opens-doors-to-27-trillion-payments-market/
China’s First Central Bank Governor in 15 Years Likes Bitcoin

 
ビットフライヤーは金融庁認可済み。アカウントをひとつ持つことをおススメします。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    銀行は規制が整い、仮想通貨に投資する機会を待っている

    金融ジャーナリストのRebecca Harding(レベッカ・ハーディ…

  2. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ…

  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン—2017年春メドに消費税の課税対象外へ

    財務省と金融庁は12日、ビットコインなどの仮想通貨を買う際の消費税につ…

  4. 仮想通貨全般/経済

    SBI、仮想通貨取引サービス開始。一般は7月予定

    SBIホールディングスは6月4日、子会社のSBIバーチャル・カレンシー…

  5. 仮想通貨全般/経済

    コインチェック6月中に再始動か

    国内大手取引所「コインチェック」が6月中にも全面再開の見通しであること…

  6. ビットコイン(BTC)

    モルガン・スタンレーがビットコイン取引に参入か

    米大手モルガン・スタンレー投資銀行はビットコイン取引を顧客に提供する計…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    ビットコインのハードフォーク懸念の陰で急騰したライトコイン
  2. 仮想通貨市況

    ビットコイン、ライトコイン:5月10日の相場
  3. アルトコイン

    リップル、第1四半期は前期比83%増
  4. ビットコイン(BTC)

    売り圧力は終了?Mt.Gox管財人が売却したBTC、BCH数量公開
  5. フィンテック

    ITと金融が融合したビジネスチャンスは今や活況
PAGE TOP