仮想通貨全般/経済

ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ

まもなく6月に迫ったロシアワールドカップ。観戦に訪れるサッカーファンは、ロシアのホテル宿泊料をビットコインで支払うことができます。

カリーニングラードのホテルは、8カ国からのお客を予定しており、現地の決済プロバイダと提携して、ビットコイン支払いサービスを提供するそうです。例えばイングランドとベルギーが試合をする日の宿泊料は約300ドルとなっています。
 

カリーニングラードのホテル、決済サービスのFree-Kassaと提携

現地のメディアによると、ホテルチェーンのApartments Malinaのマネージャー、アンナ・サブボティナ(Anna Subbotina)さんは次のようにコメントしています。

仮想通貨への関心が高まってきていることを感じています。徐々に支払い手段として利用されることでしょう。

「この革新的な技術の助けを借りて、ファン(宿泊者)達は(仮想通貨での)支払いができるのではないかと私たちは考えました。」また、彼女は周辺のホテルがこの例に習って仮想通貨支払いサービスの提供をはじめることを期待しているとサブボティナさんはBuying Business Travel Russia紙に語りました。

彼女の会社は、ビットコイン支払いを含む仮想通貨トランザクションをサポートするロシアの電子決済プロバイダの1社「Free-Kassa」(フリーカッサ)と提携しています。

開発マネージャーであるVitaliy Lavrov氏は、「これは私たちにとって面白い体験です。これまでのところホテルとの仕事はありません。」「ホスピタリティ業界は新しいトレンドに非常に敏感です。」と述べています。

開催都市での宿泊料金は急上昇しています。Avianales TravelのPRディレクターYanis Dzenis氏によると、カリーニングラードは最も高い旅行先の一つであるといいます。 「イングランドがベルギーと試合をする6月28日に部屋を予約すると、18,000ルーブル(約300ドル以上)の費用がかかります。」それは通常価格の10倍だといいます。

多くの初めての試み

ワールドカップの試合は、ロシアの11都市にある12のスタジアムで行われます。これは、ロシア、東ヨーロッパ、そしてヨーロッパとアジアの初めて2大陸をまたいで開催される世界中を巻き込んだ大会です。

ワールドカップでは初めてとなるビデオアシスト判定も採用されます。 ほとんどのスタジアムは新しく建てられたり改装されたりしています。 カリーニングラードは4試合をホストし、32の代表チームがワールドカップに出場します。

今年、仮想通貨の生態圏の様々な側面を規制する2つの法案がロシアの議会に導入されました。

最初のものは、「デジタル金融資産」に関する法律であり、ブロックチェーン技術、マイニング業務、およびICOを合法化しています。

今週提出された第2の草案は、ロシアの民法を改正して、仮想通貨の使用を規制し、投資家の権利を守るものです。

どちらも夏には、おそらくワールドカップの開始前に採択される予定です。

出典:https://news.bitcoin.com/russian-hotels-to-surprise-world-cup-fans-with-bitcoin-payments/
Russian Hotels to Surprise World Cup Fans with Bitcoin Payments

 
ビットフライヤーは金融庁認可済み。アカウントをひとつ持つことをおススメします。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用

    PBOC(中国人民銀行)による、中国大手2社の取引所での引き出し停止処…

  2. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場が暴落なぜ? – Dash、NEO、EOS、IOTAは20%超下落

    今週は快調なスタートを切った仮想通貨市場。市場が回復し、トレーダー達は…

  3. ビットコイン(BTC)

    トランプ氏当選で日本株相場・為替相場大荒れ、ビットコインは上昇

    昨日9日(米8日)のアメリカ大統領選挙が行われ、多くの人がヒラリー・ク…

  4. 仮想通貨全般/経済

    IMF「ビットコインは法定通貨の需要を減少させるかもしれない」

    今月、国際通貨基金(IMF)は「暗号資産はいつか中央銀行の資金を減らす…

  5. ビットコイン(BTC)

    Blockstream社 ビットコイン衛星の壮大な計画を発表

    ブロックストリーム(Blockstream)社がビットコイン衛星計画を…

  6. 仮想通貨全般/経済

    革新的な仮想通貨決済に向けてICEがマイクロソフトやスターバックスと共にBakktを起業

    ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェ…

過去記事

新着記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン—2017年春メドに消費税の課税対象外へ
  2. ブロックチェーン

    富士市、ブロックチェーンで商店街を活性化。
  3. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのホテル、ワールドカップ観戦宿泊者のビットコイン支払い受け入れ
  4. ビットコイン(BTC)

    中国3大ビットコイン取引所に問題発覚
  5. ビットコイン(BTC)

    2013年の下落と今のビットコインの値動きが別物?アナリストはホールド推奨
PAGE TOP