ビットコイン(BTC)

中国政府による新たな資本規制―ビットコインに新たな追い風?

10月から急激に上がり続けたビットコインは、今週は84000円~85000円台のレンジで一旦落ち着きを取り戻している。しかしここへ来て、また更に上げる可能性が出てきました。

中国政府が、中国国内の企業による海外への投資を制限する、新たな資本規制案の導入予定を明らかにしました。中国政府が10月に理財商品取引の規制を実施した時と同様、海外投資の規制が厳しくなることでビットコインの需要が増加するだろうと、複数のアナリストが分析しています。

10月、中国政府は、国内の13兆にも上る理財商品を管理するための様々な規制のための枠組みを導入しており、中国人民銀行による発表があった後、すぐさまビットコインの価格は上昇し、一夜で3%も高騰しました。

今月、中国国務院は、国内の経済を強化し、中国企業による国外への資本流出を食い止めるため、海外投資に対する厳しい規制と政策を課す予定です。

ウォールストリートジャーナルは、中国国務院が提出した様々な文書を精査した結果、広範囲での規制の枠組みが、後数週間で中国国務院と中国政府により可決されるよう計画されていると伝えている。いくつかのソースが伝えるところによれば、特に、中国政府は、国外で数十億ドルの規模の取引が行われていることを懸念しているよう。

中国の大手企業の借入負担率をEBITDAに基づき比較してみると、中国政府が中国国内の企業の資産をコントロールすることが経済発展において非常に重要であると考えていることが見て取れます。

ウォールストリートジャーナル曰く―

「公式データによると、海外直接投資の総額は、1年前の同時期と比べ、今年の最初の9か月で50%以上も増加し、1,459億ドルに達している。」

ビットコイン価格への影響

規制案が通った場合、中国企業は、海外への10億ドルを超える投資や買収等が行えなくなります。

既に10億ドル以上の海外投資を行っている企業は、2016年末までに新たな資本規制を受けることになるため、アナリストや金融系メディアは、理財商品の取り締まりが強化されるにつれ、ビットコインの需要は莫大に増えるだろうと、分析しているそうです。

一旦規制案が通ってしまえば、ビットコイン価格への影響は10月の時と同様な結果を生むかもしれない。

もしそうなれば、ビットコインの価格は3%から5%大きく高騰することになる可能性があり、現在の市場価格を考えれば、さらに20ドルは上がる可能性が非常に高いだろう。

もう一段階の伸びを見せるのかどうか、これからもビットコインから目が離せません。

出典:https://jp.cointelegraph.com/news/china-imposes-new-capital-controls-bitcoin-price-optimisticjp/jp
中国政府による新たな資本規制―ビットコインに追い風か

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン価格6700ドルを下回り、時価総額全体で3000億ドルを切る

    日曜日10日、大きな売りで二桁のパーセンテージの下落が起こり、ビットコ…

  2. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー

    アンチウイルスソフトでおなじみのジョン・マカフィー(John McAf…

  3. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の驚くべき設備

    中国の北に位置する内モンゴル自治区のオルドス郊外にある、SanShan…

  4. ビットコイン(BTC)

    26万店 ビットコイン支払いに対応 投機対象から決済へ

    ビットコインが決済手段として本格的に店舗に導入される動きが広がりを見せ…

  5. ビットコイン(BTC)

    持ち主が亡くなった場合ビットコインはどうなるの?

    ビットコイン所有者が亡くなってしまった場合、銀行と違い預金通帳やカード…

  6. アルトコイン

    米Cboeが12/10に初のビットコイン先物取引所に

    トレーダーはエンジン始動。米国の規制当局による最初のビットコイン先物取…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    インド高額紙幣の無効、民衆大混乱!
  2. ビットコイン(BTC)

    日本でビットコイン取引が急増、中国を超えて取引高が1位に―中国メディア
  3. アルトコイン

    コインチェックはMonero、Dash、Zcashの取り扱い中止を検討
  4. ビットコイン(BTC)

    下落トレンドの底値は近いのか?
  5. 仮想通貨全般/経済

    中国格付け「世界パブリックチェーン技術評価インデックス」でイーサリアムが1位に
PAGE TOP