仮想通貨全般/経済

韓国ミレニアル世代、5人に2人がビットコイン投資に強い関心

韓国銀行(BOK)の新たな報道によると、韓国のミレニアル世代は現在、他のどの世代よりも仮想通貨への投資に熱心であるそう。

彼らは興味を持っているだけでなく、投資参加する機会をうかがっているようです。仮想通貨取引には韓国から多くの参加者がおり、仮想通貨に関する誇大広告が増えるほど、購入したいと思う現地の人々は増えているようです。

若い世代だけではなく、仮想通貨フィーバーはベビーブームを支えた年輩の世代の支持も受けているようです。

韓国はアジア第4位の経済国、総人口は約5100万人です。固有の仮想通貨市場であり、世界のBTC取引の約12%を占めていると大手金融Citiのアナリストらは指摘。また、ビットコインは株式市場での流動性の妨げになっているといいます。

韓国は他国と比較して高いプレミアム価格をつけています。「日本と韓国の価格は、地元の需要により高めの価格となっています。だからこれらの国の人々はより安い価格を求めてやってくるのです。」香港の取引所GatecoinのCEO、アウリエン・メナント氏はフィナンシャルタイムズ紙にこのように語りました。

韓国の3大ビットコイン取引であるBithumb、Korbit、Coinoneは、2017年末現在調べではXRP取引の半分以上を占めており、Moneroの取引量も大きいシェアを占めています。

地元市場では、12月の日本と韓国の銀行間で行なわれたリップルボーダーレス決済テストの際には、わずか24時間でXRP価格が70%以上上昇しました。韓国市場はMoneroの取引にも同様の影響を与えています。

地元メディアYonhapの27日の報道によると、最近数ヶ月間で、巨大な仮想通貨取引所を持つ国の1つである韓国に、主要な仮想通貨を所有している人は200万人以上いると伝えられたことで、仮想通貨の熱狂が韓国に渦巻いた。としています。
 

出典:https://www.ccn.com/poll-two-fifths-of-south-korean-millennials-keen-to-invest-in-bitcoin/
Poll: Two-Fifths of South Korean Millennials Keen to Invest in Bitcoin

 
ビットフライヤーは金融庁認可済み。アカウントをひとつ持つことをおススメします。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

    あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発…

  2. ビットコイン(BTC)

    日本の為替苦境がビットコインには有利に働く?

    最近、軒並み外貨が値を下げているのに対し、日本円は上昇中!海外に旅行す…

  3. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨取引所バイナンス、ウガンダにオープン1週間で4万ユーザー獲得

    世界的な市場の低迷にもかかわらず、4人のうち3人近くがアンバンクド(銀…

  4. 仮想通貨全般/経済

    7月1日から仮想通貨 消費税撤廃

    いよいよ明日7月1日から仮想通貨を購入する際の消費税が課税されなくなり…

  5. 仮想通貨全般/経済

    熊本電力が新規マイニング事業を立ち上げ

    20日熊本電力は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし、…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    リヒテンシュタイン、王室の富の回復に仮想通貨を検討
  2. アルトコイン

    これは暗号通貨の終わりなのか?そうではない。
  3. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンCEOが「ビットコインは詐欺」と発言
  4. アルトコイン

    新仮想通貨「スチーム」が急騰、過去2週間で1000%超
  5. アルトコイン

    米国司法省ビットコイン価格の市場操作に対する犯罪調査を開始
PAGE TOP