仮想通貨全般/経済

中国格付け「世界パブリックチェーン技術評価インデックス」でイーサリアムが1位に

中国情報産業発展局(CCID)が初の「世界パブリックチェーン技術評価インデックス(Global Public Chain Technology Assessment Index)」を発表しました。

これによると格付けした28種のうちイーサリアムが総合スコア1位と評価されました。次いで2位Steem、3位Lisk、4位NEO、5位Komodoがランクイン。ビットコインは13位を獲得しました。

このインデックスは、中国政府、学界、産業界の専門家による世界的なブロックチェーンおよび仮想通貨を技術的な面から評価し提供されたものです。

これらの採点は技術面の「インフラ技術」「適用性」「創造性」の3つの指標を基準にしてランキングにしたとしています。

インフラ技術面だけで見ると、Steemは最も高い評価を得ておりスコアは82.6、適用性ではNEOが最高スコアで26.6、創造性ではビットコインがスコア35.6で最高評価を獲得しました。

このインデックスは、CCIDシンクタンクソフトウェア業界研究機関、中国ソフトウェアテストセンターおよびその他の部門の協力を得て、CCIDによって公表されました。このインデックスは毎月更新されるとのことです。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨関連法4月1日に施行

    仮想通貨交換業者を登録制にするなどを盛り込んだ「銀行法施行令等の一部を…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国政府が金輸入の規制を強化

    先週ついにビットコインの価格は9万円を突破しました。そんな中、…

  3. 仮想通貨全般/経済

    全米経済研究所の調査結果「資産にビットコインを組み入れるべきである」

    仮想通貨に投資るすべきかどうかについては、今熱く議論されている話題です…

  4. ビットコイン(BTC)

    中国債券バブルの崩壊と人民元の成長鈍化―差し迫るビットコイン価格の高騰

    12月15日、中国の債権先物市場が記録的な暴落に見舞われ、102から9…

  5. 仮想通貨全般/経済

    野村ホールディングス、仮想通貨の保管サービスの研究開始を発表

    機関投資家向けに安全なデジタル資産保管ソリューションを提供するため、「…

  6. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場、3650億ドルに到達。強気相場の始まりか?

    今週CCNが仮想通貨市場が3500億ドル規模にむけて続伸、注目を集めて…

過去記事

新着記事

  1. 仮想通貨市況

    ビットコイン:6月6日の相場
  2. ビットコイン(BTC)

    中国政府による新たな資本規制―ビットコインに新たな追い風?
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:5月23日の相場
  4. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割…
  5. ブロックチェーン

    SBIホールディングスが新送金システム構築に向けて
PAGE TOP