ビットコイン(BTC)

ベネズエラ、ビットコイン購入の波再び

仮想通貨を直接売買出来るサイト「LocalBitcoins」のデータによると、ベネズエラでのビットコイン購入への関心がこの3ヶ月で大幅に増加していると6日、メディアCriptonoticiasが伝えています。

ベネズエラは、2017年の初めに、最初の仮想通貨ブームを経験しました。その際にはわずか1週間で805BTCが取引された記録があります。

その後、ベネズエラでの仮想通貨に対する関心の水準は低下し、取引量が1週間に150BTCという低額に減少していました。

しかし、Criptonoticiasによれば、2018年の初旬から中旬にかけて、ビットコイン投資は、LocalBitcoinsのデータによって明らかであるように、ベネズエラで再び急増していることが分かります。

ビットコイン取引に対して、ベネズエラの通貨であるボリバルの取引額は、3月から4月にかけて138%増加し、4月から5月にかけて39%増加しました。

6月の第1週はこの上昇トレンドの波に完全に乗っており、5月の最後の週には、ビットコインに約4.9兆ドルのボリバルが費やされたが、6月の第1週には40.8%増加して6.9兆ドルに達していると、Criptonoticiasは指摘しています。

このビットコインへの高まる関心について、メディアはベネズエラで起こっているハイパーインフレーションと関係を結び付けています。

ボリバルの価値は下がり続けていて、5月下旬には国のハイパーインフレ率がなんと「25000%」を超えたとフォーブスが伝えています。


ハイパーインフレで国の危機を迎えているベネズエラ。もはやボリバルの価値は低く、物資を買うために大量の札束を必要とする。

Localbitcoinsのサイト訪問者は、ベネズエラ人が最も大きなシェアを占めて1位、次いでアメリカ、イギリスの訪問者が多いそうです。

ハイパーインフレの危機の真っ只中にあるベネズエラで、法定通貨としてのボリバルが機能を果たしておらず、仮想通貨であるビットコインへの関心が高まっている結果でしょうか。
 
ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

出典:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-buying-on-the-rise-again-in-venezuela
Bitcoin Buying on the Rise Again in Venezuela

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン 公共料金の支払いに導入へ

    国内初東京の電力小売り会社(東京電力ではない)が電気料金の支払いにビッ…

  2. ビットコイン(BTC)

    ICEのビットコイン先物「Bakkt」が上場延期

    インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)のビットコイン先物プラ…

  3. ビットコイン(BTC)

    HISがビットコイン支払い専用ツアーを発売

    大手旅行会社としておなじみのHIS(株式会社エイチ・アイ・エス)は、9…

  4. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン—2017年春メドに消費税の課税対象外へ

    財務省と金融庁は12日、ビットコインなどの仮想通貨を買う際の消費税につ…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインの先物取引、CMEグループが年内に上場を計画

    本日11月1日の、米CMEグループの発表によりますと、ビットコインの先…

  6. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンの発表に驚き「ビットコインの先物を検討」

    ウォールストリートジャーナルの報道によると、米金融大手JPモルガン・チ…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    WannaCryよりも脅威!Moneroマイニングマルウェア”Ady…
  2. ビットコイン(BTC)

    イーサリアム–ハードフォークが無事に成功
  3. アルトコイン

    BitConnectが仮想通貨交換所のサービスを閉鎖
  4. ビットコイン(BTC)

    ETHとETCのメリットについてLet’s Talk Bitcoinで議論される…
  5. ビットコイン(BTC)

    ウィーンに初のビットコイン銀行が登場
PAGE TOP