仮想通貨全般/経済

ビットコインウォレットで知られるBlockchain社「1日5万ユーザーの新規登録がある」

仮想通貨ウォレットで有名な「Blockchain」は仮想通貨市場の低迷が続いている中で、1日当たり5万ユーザーの登録があるとしています。

BlockchainのCEOであり、共同創設者でもあるピーター・スミス(Peter Smith)氏がコインベース(Coinbase)について書かれた記事をスクリーンショット画像でツイッターに投稿したことが話題を呼んでいます。

下落相場に反して1日5万の新規登録

スミス氏が投稿した画像は、コインベースのCEOであるブライアン・アームストロング氏がブルームバーグのインタビューに対して「昨年のピーク時には、コインベースでの新規登録者は1日に5万人であった。」と答えている時のものでした。

そしてスミス氏はこの画像のコメントとして、Blockchainは現在、それと同じ数の新規ユーザーから毎日、登録がある。そしてこのサービスは、他の不特定のユースケースと同様に、実際に仮想通貨を使用して関与させるのに役立つと考えているとツイートしました。

訂正:仮想通貨下落の真っ只中、Blockchainでは日に5万ユーザーからのサインアップがある。新規参加者達が実際に仮想通貨を「使用する」ということに興味を持っていることを目の当たりにするのは喜ばしいことだ。

このコインベースの記事は、Blockchain社とは違い、投機目的である仮想通貨参加者達に対して興味を抱かせる記事であったかもしれません。しかしスミス氏は取引や投資目的のビジネスモデルであるコインベースが必ずしも仮想通貨の長期的なファンダメンタルに役立つとは考えておらず、むしろ投機目的が業界の低迷に寄与していると言いたいのかも知れません。

これは昨日の記事で投稿した、イーサリアムの共同創設者ジョセフ・ルービン氏が抱いていた思いと共通するものがあります。

Blockchain社の大きな野望

とは言うものの、自称「最も信頼できる暗号通貨会社」と謳っているとおり、Blockchainはセルフプロモーションに興味が無いわけではない。

スミス氏の投稿の内容については検証が難しくはありますが、最近2500万ウォレットの新規登録という節目を達成した同社の積極的な考え方に沿ったものであります。

同社はユーザに、仮想通貨を送信、受信、取引、保存する機能を提供しています。これは「コインベースの競争相手」として、しっかりとそのテリトリーを築いています。

これまでのところ、2017年Googleが率いる4000万ドルのシリーズBの資金調達ラウンドを成功裏にクローズして以来、自らの地位を守り抜いています。

Virginメディアの最も破壊的技術をもったビジネストップ10入りを果たしたことのあるBlockchainは、小売仮想通貨市場と投資市場の両方を占有する計画を立てています。

同社は7月にBlockchain Principal Strategiesと呼ばれる機関投資家向けの製品を発売しました。この製品は、仮想通貨業界の基金、年金、ヘッジやミューチュアルファンドからの関心が高まっているため、市場や研究へのアクセスをカスタマイズした機関やホームオフィスを提供しています。

小売面では、Segwitの導入やユーザーがバイト単位でSatoshiで料金を割り当てることを可能にする先駆的なトランザクション料金見積もりプログラムなど、暗号トランザクションエンジニアリングにおける最も重要な動きの最先端を走っています。

出典:https://www.ccn.com/bitcoin-wallet-blockchain-says-its-adding-50k-users-per-day/
Bitcoin Wallet Blockchain Says It’s Adding 50k Users Per Day

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    「全ての地獄から開放されるだろう」ABRAのCEO、ビットコイン価格が今年再び高騰を予想

    主要な金融アナリストらの中にはビットコインの現在の下落トレンドについて…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックスCFO「仮想通貨取引デスク開設計画中断はフェイクニュース」

    5日夜から続く仮想通貨市場暴落の要因のひとつではないかと見られている、…

  3. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨関連法4月1日に施行

    仮想通貨交換業者を登録制にするなどを盛り込んだ「銀行法施行令等の一部を…

  4. ブロックチェーン

    三菱UFJ、残業を減らした社員に仮想通貨(大入り?)を付与へ

    これは面白い。カブドットコム証券(三菱UFJフィナンシャル・グループの…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ロシアのティンクオフ銀行、独自通貨の発行「準備はほぼ整っている」

    ロシアのティンクオフバンク(Tinkoff Bank)は独自の仮想通貨…

  6. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない

    シンガポール通貨庁の責任者は、シンガポールにはビットコインなどの仮想通…

過去記事

新着記事

  1. アルトコイン

    Ethereum Devcon2のスポンサーにサンタンデール
  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコインがベネズエラの経済危機を救う
  3. ビットコイン(BTC)

    インド – 通貨危機の中、ビットコインを900ドルで買う人も
  4. フィンテック

    みずほ銀行×ソフトバンク「フィンテック貸金業」
  5. ビットコイン(BTC)

    ノーベル経済学賞 米主流派がまた受賞か 中にはビットコイン考案者推す声も!?
PAGE TOP