仮想通貨全般/経済

ビットコインウォレットで知られるBlockchain社「1日5万ユーザーの新規登録がある」

仮想通貨ウォレットで有名な「Blockchain」は仮想通貨市場の低迷が続いている中で、1日当たり5万ユーザーの登録があるとしています。

BlockchainのCEOであり、共同創設者でもあるピーター・スミス(Peter Smith)氏がコインベース(Coinbase)について書かれた記事をスクリーンショット画像でツイッターに投稿したことが話題を呼んでいます。

下落相場に反して1日5万の新規登録

スミス氏が投稿した画像は、コインベースのCEOであるブライアン・アームストロング氏がブルームバーグのインタビューに対して「昨年のピーク時には、コインベースでの新規登録者は1日に5万人であった。」と答えている時のものでした。

そしてスミス氏はこの画像のコメントとして、Blockchainは現在、それと同じ数の新規ユーザーから毎日、登録がある。そしてこのサービスは、他の不特定のユースケースと同様に、実際に仮想通貨を使用して関与させるのに役立つと考えているとツイートしました。

訂正:仮想通貨下落の真っ只中、Blockchainでは日に5万ユーザーからのサインアップがある。新規参加者達が実際に仮想通貨を「使用する」ということに興味を持っていることを目の当たりにするのは喜ばしいことだ。

このコインベースの記事は、Blockchain社とは違い、投機目的である仮想通貨参加者達に対して興味を抱かせる記事であったかもしれません。しかしスミス氏は取引や投資目的のビジネスモデルであるコインベースが必ずしも仮想通貨の長期的なファンダメンタルに役立つとは考えておらず、むしろ投機目的が業界の低迷に寄与していると言いたいのかも知れません。

これは昨日の記事で投稿した、イーサリアムの共同創設者ジョセフ・ルービン氏が抱いていた思いと共通するものがあります。

Blockchain社の大きな野望

とは言うものの、自称「最も信頼できる暗号通貨会社」と謳っているとおり、Blockchainはセルフプロモーションに興味が無いわけではない。

スミス氏の投稿の内容については検証が難しくはありますが、最近2500万ウォレットの新規登録という節目を達成した同社の積極的な考え方に沿ったものであります。

同社はユーザに、仮想通貨を送信、受信、取引、保存する機能を提供しています。これは「コインベースの競争相手」として、しっかりとそのテリトリーを築いています。

これまでのところ、2017年Googleが率いる4000万ドルのシリーズBの資金調達ラウンドを成功裏にクローズして以来、自らの地位を守り抜いています。

Virginメディアの最も破壊的技術をもったビジネストップ10入りを果たしたことのあるBlockchainは、小売仮想通貨市場と投資市場の両方を占有する計画を立てています。

同社は7月にBlockchain Principal Strategiesと呼ばれる機関投資家向けの製品を発売しました。この製品は、仮想通貨業界の基金、年金、ヘッジやミューチュアルファンドからの関心が高まっているため、市場や研究へのアクセスをカスタマイズした機関やホームオフィスを提供しています。

小売面では、Segwitの導入やユーザーがバイト単位でSatoshiで料金を割り当てることを可能にする先駆的なトランザクション料金見積もりプログラムなど、暗号トランザクションエンジニアリングにおける最も重要な動きの最先端を走っています。

出典:https://www.ccn.com/bitcoin-wallet-blockchain-says-its-adding-50k-users-per-day/
Bitcoin Wallet Blockchain Says It’s Adding 50k Users Per Day

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    「仮想通貨市場は来年跳ねる」マイケル・ノヴォグラッツ氏

    ギャラクシー・デジタルのCEOであり、ゴールドマン・サックス出身で、ウ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破

    仮想通貨はこれまでにないボリュームとスピードでブームを巻き起こしており…

  3. ビットコイン(BTC)

    ツイッターCEO「ビットコインがネット社会での決済手段となることを期待している」

    非常に良く知られた企業の重役の一人であるジャック・ドーシー氏は御馴染み…

  4. アルトコイン

    XEM、COMSAのICOトークンにフィスコなどVC3社が直接投資を発表

    テックビューロ社が、日本発のICOプラットフォームCOMSAを発表した…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックスCFO「仮想通貨取引デスク開設計画中断はフェイクニュース」

    5日夜から続く仮想通貨市場暴落の要因のひとつではないかと見られている、…

  6. ビットコイン(BTC)

    SEC、ビットコインETFの可否決定は9月へ延期

    米国証券取引委員会(SEC)は、ビットコイン上場投資信託(ETF)の決…

過去記事

新着記事

  1. ブロックチェーン

    トークンの発行を企業向けに支援するサービス「Zaica」
  2. 仮想通貨全般/経済

    コインチェックがイーサリアム、リスク、ネムの入金・購入を再開
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン両替サービスZebpay、インド市場で急成長中
  4. ビットコイン(BTC)

    承認待ちのBakktビットコイン先物取引にまもなく出るGOサインと有名トレーダー…
  5. ビットコイン(BTC)

    オーストラリア – ビットコイン非課税に
PAGE TOP